HOME入荷情報 > 【雲上63鑑定も】限定各1点!貴重なアンティークコインが入荷

【雲上63鑑定も】限定各1点!貴重なアンティークコインが入荷


アンティークコイン

開館25周年を迎えた本日の神戸ファッション美術館では、「華麗なる宝塚歌劇衣装の世界」と題された展示会が開催され、タカラジェンヌの美しい衣装を見学する来場者で賑わっております。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

本日は、ゴールデンウィーク中に入手しておきたい、大変貴重なアンティークコインの入荷をお知らせ致します。

それぞれ一点のみのご用意ですので、どうぞお早めにお求めくださいませ。

 

 

貴重なアンティークコインが入荷!

アンティークコイン

ここ数日、東京コインオークション2022やヘリテージオークションなど、国内外で大きなコインオークションが開催され、アンティークコインの高額落札が相次いでいます。

特にイギリスの至宝で東京コインオークション2022の目玉コイン、「ヘンリー7世のソブリン金貨」が1億50万円、スリー・グレイセスのクラウン試鋳銀貨が2600万円で落札されたことは、記憶に新しいのではないでしょうか。

まさにアンティークコインが世界的に注目される今、大変貴重な3種の名品が弊社に入荷いたしました!

 

・雲上の女神金貨 プルーフ63カメオ鑑定
・チャールズ1世 トリプルユナイト金貨 AU50
・エドワード3世 ノーブル金貨 CLIPPED

 

どれもマニアにとってはたまらない、至極の逸品でございます。

それぞれのコインの特徴や必見ポイントについてご紹介して参りましょう。

 

 

貴重なプルーフ×カメオ!雲上の女神金貨 63鑑定

アンティークコイン

アンティークコインの定番、あの雲上の女神金貨の63鑑定が入荷いたしました!

先日ご紹介した64鑑定は無事ご成約を頂戴しましたが、64鑑定をご検討頂いていた方、または64鑑定よりも少しリーズナブルな価格帯で高グレードをお求めの方にぜひお勧めの逸品でございます。

当金貨は1908年に、オーストリア帝国の最後の皇帝、フランツ・ヨーゼフ1世即位60周年を記念して発行されました。

表面に描かれているのは、髭を蓄えた皇帝の右向きポートレート。

裏面には、通称「雲上の女神」と呼ばれる右手にオリーブの若木を、左手にオーストリア・ハンガリー帝国の国章「双頭の鷲」を掲げる崇高な女神像が描かれています。

雲上の女神は近年、コイン投資家を中心に人気が高く、MS鑑定であっても数百万円で取引されることも珍しくありません。

今回ご紹介する金貨は、MSよりさらに状態の良い「PF(プルーフ)」鑑定で、さらに表面加工の美しい「カメオ」のグレードが付与された、非常に珍しい逸品でございます。

プルーフ×カメオのNGC鑑定数は僅か106枚、さらに63鑑定となると、26枚しか存在しません。

雲上の女神ファン必見のコインでございます。

 

詳細はこちら
Line up

※人気商品の為、価格が変動する場合がございます。
現在の価格はオンラインショップでご確認下さい。

 

 

レア度もトリプル級!チャールズ1世トリプルユナイト金貨

アンティークコイン

お次にご紹介いたしますのは、あのジョン・グローグ・マードック氏のコレクションから出品されたコインの一部であり、チャールズ1世の治世下の1643年に発行されたトリプルユナイト金貨です。

当コインは1642年から1644年までの間、チャールズ1世の支持者たちに与えられる褒賞として発行されていたものですが、最大の特徴はその大きさ。

直径約50㎜、重量約27gというアンティークコインとしては異例のサイズを誇り、ハンマーコインとして鋳造された中では過去最大の貨幣として知られています。

通常よりも一回り大きいスラブケースに収められているため、他のアンティークコインやモダンコインと比較しても存在感抜群です。

さらに、今回ご紹介するトリプルユナイト金貨に限っては、スラブケースに「Ex John G Murdoch Coll」と記されています。

これは大英博物館でもその名を残すイギリスの著名なコインコレクター、ジョン・グローグ・マードック氏のコレクションであったことを意味し、他のトリプルユナイト金貨と一線を画します。

コインそのものだけでなく、スラブケースにも希少価値のある、大変珍しい逸品でございます。

 

詳細はこちら
Line up

※人気商品の為、価格が変動する場合がございます。
現在の価格はオンラインショップでご確認下さい。

 

 

掘り出し物をお探しの方に!エドワード3世ノーブル金貨

アンティークコイン

最後にご紹介するのは、エドワード3世の治世下である1369-1377年に発行されたノーブル金貨です。

ノーブル金貨は英国貨幣史上最初に大量発行された法定金貨で、エドワード3世の治世下に初めて導入されました。

当時ノーブル、ハーフノーブル、そしてクオーターノーブルの3種が発行されましたが、当金貨はその中で最もサイズが大きい「ノーブル」に該当します。

今回ご紹介するコインは、そのノーブル金貨の中でもNGC社の「CLIPPED」グレードが付与されたものです。

これは、正真正銘の本物のコインでありながら、ごくわずかながら削り取られた痕跡があるために、「60鑑定」のような数字の代わりに付与されるグレードです。

発行から現在までの約650年の間に、過去の所有者が経済上の理由、はたまた興味本位で削り取ったのでしょうか。

通常、鑑定済みのエドワード3世時代のノーブル金貨であれば、200~300万円以上で取引されることも珍しく無い中、今回のCLIPPEDコインはスラブケース入りの状態で110万円にてご用意いたしております。(2022年5月6日時点の価格)

歴史をありのままに刻み、ある意味「掘り出し物」とも呼べる当逸品は、ただ今わずか1点のみのご用意でございます。

弊社のショールームにてご覧頂くことも可能ですので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

詳細はこちら
Line up

※人気商品の為、価格が変動する場合がございます。
現在の価格はオンラインショップでご確認下さい。

 

 

ご来店ご予約はこちら