HOME国王生誕祭 > 英国王室誕生祭 第五章―ウィリアム王子&エドワード8世編

英国王室誕生祭 第五章―ウィリアム王子&エドワード8世編

2021_0617_mail1-2.jpg

皆さまこんにちは。
イギリスコイン専門店コインパレスの瀧でございます。
暑さが増し、柑橘系のすっきりとした飲み物が恋しい季節となりました。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

私はと申し上げますと、2021年6月19日に始まる、恒例の「英国王室誕生祭」の準備に明け暮れる日々を過ごしております。
歴代のイギリス国王の誕生日に合わせて開催し、毎回大好評のこちらのイベント。

今回の誕生祭の主役は、1982年6月21日生まれのウィリアム王子と、1894年6月23日生まれのエドワード8世でございます。
本日のご案内では、イベントの概要と、この2国王の魅力、そしてイベント中にお配りするプレゼントの発表をさせて頂きます。

ぜひ最後までご覧くださいませ。

1982年6月21日生まれのウィリアム王子と、1894年6月23日生まれのエドワード8世の誕生日を祝し、コインパレスでは「英国王室誕生祭 第5章」を開催する運びとなりました。


キャンペーン日時

【日 時】2021年6月19日(土)~6月26日(土)の8日間
【内 容】店頭で10万円以上お買い上げのお客様にプレゼントを贈呈

今年5回目の開催となる英国王室誕生祭。
毎回異なるプレゼントをご用意し、好評を頂いております。

気になる今回のプレゼントの内容については、本文の最後に発表させて頂きます。

まずは、6月末に誕生日を迎える2国王の魅力についてお伝えいたしましょう。

ウィリアム王子の魅力

2021_0617_mail2.jpg

ウィリアム王子は1982年6月21日、チャールズ皇太子とダイアナ妃の長男として誕生しました。
2002年にはキャサリン妃とスチューデント・ハウスでシェア生活を開始。

2011年には晴れてウェストミンスター寺院にて結婚式を執り行いました。
交際当時から2人の人気はすさまじく、特にキャサリン妃の身に着けるジュエリーやドレスは、日本でも話題に上るほど。

現在は3人の子供たちともに、仲睦まじい姿を披露しています。

エドワード8世の魅力

2021_0617_mail3.jpg

エドワード8世は1894年6月23日、ジョージ5世とメアリー妃の長男として誕生しました。
彼に転機が訪れたのは、アメリカ人女性のウォーリス・シンプソンと出会ったときのこと。

エドワード8世は瞬く間に恋に落ち、ウォーリスとの結婚まで考えるようになりました。

しかし、当時の国民は大反対。

なぜなら、既に彼女は別の男性と結婚しており、エドワード8世と不倫という形で交際していたからです。
そんなエドワード8世、振る舞いへの批判や情勢も相まって、最後はわずか325日で退位することとなりました。

今回のプレゼント

気になる今回のプレゼントは...

イギリスの高級コスメブランド「JO MALONE -ジョーマローン- 」 の石鹸!!

2021_0617_mail4.jpg

「JO MALONE -ジョーマローン-」といえば、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式で使われたキャンドルでも知られる、英国王室御用達のブランドでございます。

今回は、そのキャンドルと同じ香りの一つ、「ライム バジル & マンダリン」の固形石鹸をプレゼントいたします。

初夏らしい柑橘系の爽やかな香りと、英国王室御用達らしい気高いデザインをお楽しみくださいませ。

photo引用元:
https://www.instagram.com/p/COhdfeWFx6y/
https://www.royal.uk/edward-viii