HOME入荷情報 > 【号外】待望のゴチッククラウン「ポートレート」リリース!

【号外】待望のゴチッククラウン「ポートレート」リリース!


アンティークコイン

コインコレクターから熱い視線を浴びる”偉大なる彫刻家シリーズ”。

昨年末シリーズ第3弾「ゴチッククラウン リバースシールド」がリリースされるや否や、かつてないほど数多くのお問い合わせを頂戴しました。

そんなゴチッククラウンに描かれたもう一つの面、ヴィクトリア女王の肖像が描かれた「ゴチッククラウン ポートレート」が待望のリリース!

注目のラインナップについてご案内申し上げます。

 

 

ワイオンの個性的なデザインによって永遠の生命を得た英国貨幣史上最高のコインポートレート

アンティークコイン

1847年に即位10周年を迎えたヴィクトリア女王の肖像を表面に掲げる「ゴチッククラウン」銀貨ほどに、英国貨幣史上に名を残す傑作の誉れの高い作品は他に見当たりません。 その伝説の源である優れた意匠を生み出したのは、ジョージ王朝時代末期に頭角を現し、ロイヤルミントの主任彫刻師としてヴィクトリア朝初期にわたって活躍した比類なき芸術家ウィリアム・ワイオンの時空を超越する創造力でした。

ヴィクトリア朝初期に隆盛を見た中世ゴチック様式のリバイバルはワイオンの創作意欲に刺激を与え、この貨幣芸術の粋を極めた名品の制作によって開花します。

アンティークコイン

即位後10年の時を経て圧倒的存在感を身に着けた1847年当時のヴィクトリアの気品溢れる崇高感を表面に描写するこのコインは、肖像画の周囲の碑文の字体「ブラックレター」の醸し出す古雅な趣との絶妙なハーモニーによって永遠の生命を吹き込まれました。

女王の頭上に輝く英国王位の象徴「聖エドワード王冠」の壮麗な重厚感や、女王が身に纏う薔薇の文様が刺繍された衣装の洗練された趣味など、コイン表面に描かれたこれら全ての要素が見事に溶け合い、 奇跡的な融合を果たしている点こそが、この銀貨を傑作たらしめている最大の特徴ではないかと思われます。

また裏面にはイギリス連合王国三国、つまりイングランド、スコットランド、そしてアイルランドの国章がデザインされた荘厳を極めたデザインによる十字型の盾の紋章が見られますが、 表面の威厳を湛えたヴィクトリア女王の肖像や、コイン表裏のブラックレターの風格豊かな字体との見事なまでの様式の統一感によって、このコインの絶対的評価の的となっています。

ワイオンの記念すべき処女作となった1817年発表の「スリーグレーセス」、そして1839年の女王の即位3周年記念に発行された永遠の記念碑「ウナとライオン」に続いてリリースされた「ゴチッククラウン」は、 ワイオンのコイン彫刻家人生の総決算として、また英国貨幣史におけるコイン肖像の最高傑作として、今後数世紀にわたって例外的な高評価を謳歌し続けることでしょう。

 

 

ロイヤルミント1100年史の総決算として遂に解禁されるモダンコインの大作「ゴチッククラウン・ポートレート」

アンティークコイン

2021年の暮れにリリースされた「偉大なる彫刻家シリーズ」第3弾「ゴチッククラウン・リバースシールド」に続き、「ゴチッククラウン・ポートレート」が満を持しての解禁となります。

2019年にスタートを切ったばかりの「偉大なる彫刻家シリーズ」ですが、今回第3弾は過去2回のリリースとは一線を画する幾つかの特徴が着目されています。

第1弾「ウナとライオン」、第2弾「スリーグレーセス」共にオリジナルの裏面のデザインのみを踏襲するものでしたが、この度のオリジナル「ゴチッククラウン」両面のデザインの完全復刻版は、 それぞれ二度に分けてリリースされることになり、その魅力の全貌に迫る新企画として今、世界的な注目を集めています。

 

特にコイン肖像の一大傑作とされるヴィクトリア女王の肖像画を復元するロイヤルミント史上初の試みである「ポートレート」の発行は、同ミントの一世一代の偉業として後の世に語り継がれることは間違いありません。 この容易ならざる世紀の復刻プロジェクトは数々の工程を経て実現されるものです。それらの工程中最も重要な作業として、現代最先端のスキャナーを用いて行われるスキャニング作業が挙げられます。

大英博物館の所有とされるオリジナルの金型の綿密な精査から始まりますが、この作業によってオリジナル・コインに多少は残っていた不完全性は取り除かれ、同じデザインといえどもより完成度の高い作品へと生まれ変わることが可能となりました。

また同シリーズ第3弾ならではの特典として、1847年の発行以来銀貨が主流であったオリジナル「ゴチッククラウン」ではありますが、この度のリマスターによって金貨バージョンが新たに誕生することになり、コイン界を興奮の渦に巻き込みました。

1847年初発行時の銀貨の総生産数が8000枚と多産であったことに対し、現存するこのコインの金貨バージョンは大英博物館が所蔵するプルーフ金貨を含めて世界に数枚のみが確認されているに過ぎません。

この意味において、この度の「偉大なる彫刻家シリーズ」第3弾の発行は、この歴史的傑作が現代ロイヤルミントの最高水準によって復刻されるまたとない機会であるのみならず、コインコレクターにとっては特に金貨バージョンを入手する千載一遇のチャンスにも繋がります。

オリジナルの表裏のデザインが2枚のコイン上に刻まれることから、熱心なコレクターであれば2枚セットでの入手を所望するであろうことは想像に難くありません。英国貨幣の顔とも呼べるヴィクトリア期の至宝である「ゴチッククラウン」ですが、 今、正に厳選されたゴールドとシルバーの上に輝かしいモダンコインとして生まれ変わり、悠久の時を経て我々の下に降り立とうとしています。

 

ご予約はこちら

オルダニー島版のニューゴチッククラウンでは2枚セットでの販売でしたが、本日よりご予約を開始するロイヤルミントのゴチッククラウンは、ヴィクトリア女王の肖像を描いたポートレートバージョン1枚のみのお届けでございます。

盾を描いたリバースシールドバージョンのコインも引き続きご予約を承っております。

オルダニー島版と同様、本日以降ご注文の殺到が予想されますので、どうぞお早めにお求めくださいませ。

 

金貨
Line up

※人気商品の為、価格が変動する場合がございます。
現在の価格はオンラインショップでご確認下さい。

銀貨
Line up

※人気商品の為、価格が変動する場合がございます。
現在の価格はオンラインショップでご確認下さい。