HOMEアンティークコイン > 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB

1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB

NGC鑑定付き

一般価格:88,000 円(税込)
会員価格: 80,000 円(税込)

  • アンティークコインs1:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB
  • アンティークコインs2:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB
  • アンティークコインs3:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB
  • アンティークコインs4:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB
  • アンティークコインs5:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB
  • アンティークコインs6:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB
  • アンティークコインs7:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB
  • アンティークコインs8:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB
  • アンティークコインs9:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB
  • アンティークコインs10:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB
  • アンティークコインs11:2114 1902 エドワード7世 ブリタニア 1ペニー銅貨 NGC MS64RB

ヴィクトリア女王亡き後の大英帝国を継承したエドワード7世

 

20世紀初頭の英国に君臨したエドワード7世は、1841年11月9日にヴィクトリア女王とアルバート公爵の長男としてロンドンのバッキンガム宮殿にて誕生しました。誕生と同時にコーンウォール公爵に叙され、その一か月後には英国王太子の称号を授与されます。当時のヨーロッパの王室の慣例に漏れず、王太子は次期王位継承権保持者として宮中にて厳格な教育を施されます。特に語学に秀でていた王太子は、ドイツ語とフランス語を始めとするヨーロッパ諸言語に堪能で、君主として即位してからも英国とヨーロッパ各国の同盟関係の構築において語学力を存分に発揮したと伝えられています。王太子時代の1852年に行ったフランスへの初外遊は、フランス皇帝ナポレオン3世の歓待の下、成功を収め、流暢なフランス語での公務によって両国関係の融和に著しい貢献を果たしました。その後も外交政策を始め数々の実績を上げますが、当時、政治的緊張感が高まりを見せていたトルコ・エジプト・ギリシャの三か国を電撃訪問し、大英帝国の宗主ヴィクトリア女王の名代として緊張緩和に向けた対話を実現したことは今も高く評価されています。またヨーロッパ各国の王室の冠婚葬祭に際しては常に英国王室の代表として参列し、その堪能な語学力を活かして積極的な王室外交を展開します。私生活においては長男で王位継承者でもあったアルバート・ヴィクターを1892年に亡くすなど波乱続きではあったものの、政務においては母ヴィクトリアと仲の悪かったグラッドストーン首相の協力もあり、一定の成果を上げるに至ります。1901年1月に母ヴィクトリア女王が63年の最長在位の後に崩御し、大英帝国の最盛期であったヴィクトリア朝は遂に終焉を迎えます。女王の治世の下に継続された長く厳格なヴィクトリア朝に代わって始まったのは、新国王エドワード7世を頂点とする新しいエドワード朝でした。清々しい初夏のガーデンパーティーに喩えられる僅か9年間のみの王の治世は、束の間の憩いのひと時として今も英国民の脳裏に焼き付いて離れません。そしてその花のような時代は、今から思えば次第に沈没する巨大な戦艦の様相を呈する大英帝国の黄昏に差し掛かる時期でもありました。

 

100年以上もの時を経てエドワード朝の追憶を蘇らせるブリタニア・1ペニー銅貨

 

エドワード7世とアレクサンドラ王妃の戴冠式は、ヴィクトリア女王の服喪期間終了後の翌年1902年8月9日にロンドンのウェストミンスター寺院にて挙行されました。それより64年前のヴィクトリア女王の戴冠式にも増して用意周到に計画された新国王の戴冠式は、大英帝国の世界的影響力とイングランド国教会の宗教的意義を考慮した儀式として執り行われました。また英国王室にとって1897年のヴィクトリア女王のダイアモンドジュビリー(在位60周年記念)以来の大規模な式典であったエドワード7世の戴冠式は、ヨーロッパ各国の高位王族が全員参列した20世紀最後の王室儀式として、その歴史的意義は後に伝説化するに至ります。その後、第一次世界大戦によって喪失するヨーロッパの王室の権威がここに終結し、世紀の祭典として繰り広げられました。式に先駆けて、その全容を恒久化するサイレント映画が制作され、「エドワード7世の戴冠式」と銘打たれ記録的な興行成績を収めました。今回ご紹介させていただく作品はエドワード7世の世紀の戴冠式の年、1902年に発行された1ペニー銅貨です。コイン表面には在りし日のエドワード7世の無冠右向きのポートレートが刻まれています。数多くの女性と浮名を流し、時代を象徴する風流人として名を馳せた英国王エドワード7世ですが、このペニー貨が発行された当時は60歳に差し掛かっていました。威厳を湛えたその秀逸な肖像の周囲には、母ヴィクトリア女王から受け継いだ大英帝国の宗主としての王の高い身位を示すラテン語の碑文が連なっています。「神の恩寵による大英帝国国王エドワード7世・忠誠の守護者にしてインド皇帝」という意味のその碑文は、世界中に広がりを見せた一大帝国の隆盛期を象徴しています。そしてコイン裏面には、英国が古代ローマの属領であった時代から一貫して国家の守護神と崇め奉られて来た永遠のシンボル「ブリタニア」が描かれています。頭上には古代コリント式の兜を戴き、左手には海を象徴する三又の槍「トライデント」、そして右手には英国旗「ユニオンジャック」を模した盾を携える勇壮な趣を湛えた女戦士としてのブリタニアが描かれています。英国の守護神でもあるブリタニアの肖像ですが、新国王の一世一代の晴れ舞台である戴冠式を記念するコインの裏面を飾るに相応しい題材であり、新国王の門出に限りない祝意を添えているように見受けられます。時を経て見事なまでの古色を発する当ペニー銅貨は、英国民にとっての古き良き思い出として記憶に残るエドワード朝の永遠の記念品として、100年以上もの歳月を経て今なお英国の栄光の過去を切々と語り続けています。

品番 2114
鑑定番号 2800661013
現在のNGC鑑定数はここをクリック下さい
価格

一般価格:88,000 円(税込)

会員価格: 80,000 円(税込)

グレード数 MS 64 RB
重量 約9.40g
直径 約31mm
表面 エドワード7世
裏側 ブリタニア
発送元 日本国内から発送

ブリタニア関連TOPICS

2021_1105_mail1.jpg

2021年11月 9日
【大人気ブリタニア地金型銀貨が特別価格】地金型フェア大好評開催中

神戸では秋色の六甲山に赤い車体のロープウェイが映える時期となりました。 皆さまはいかがお過ごしでしょうか。 本日は、現在開催中の地金型銀貨・特別価格フ...

2021_0619_mail1.jpg

2021年6月19日
プレミアムブリタニア1000ポンド1キロプルーフ金貨

皆さまこんにちは。イギリスコイン専門店コインパレスでございます。 本日は大好評のコイン、「プレミアムブリタニア1000ポンド1キロプルーフ金貨」についてご案内...

TOPICS MORE

一般価格: 88,000 円(税込)
会員価格: 80,000 円(税込)

在庫有り

数量:

ご利用方法の詳細はこちら
配送・送料・返品について

シェアする