HOME地金型 > カナダ 2022 エリザベス2世 メイプルリーフ 20ドル1/2オンス地金型金貨【ご予約承り品】

カナダ 2022 エリザベス2世 メイプルリーフ 20ドル1/2オンス地金型金貨【ご予約承り品】

ご予約承り品 未鑑定
  • 品番: 1411
  • 地金型s1:1411 カナダ 2022 エリザベス2世 メイプルリーフ 20ドル1/2オンス地金型金貨【ご予約承り品】
  • 地金型s2:1411 カナダ 2022 エリザベス2世 メイプルリーフ 20ドル1/2オンス地金型金貨【ご予約承り品】
  • 地金型s3:1411 カナダ 2022 エリザベス2世 メイプルリーフ 20ドル1/2オンス地金型金貨【ご予約承り品】

いかにしてカエデの葉=メープルリーフかカナダの象徴となり得たか

大自然の雄大な景観によって世界中の人々があこがれを抱くカナダ国家の象徴としてのメープルリーフ=カエデの葉は多様な象徴性を含みます。カナダの国旗中央には様式化された赤いメープルリーフが見られ、同国が太古の昔より自然と共に悠久の時を経てきたことを力強く物語っています。カナダの歴史的象徴でもあるメープルリーフの起源は18世紀初頭に遡り、セント・ローレンス川沿いに居住していたフランス系カナダ人がエンブレムとして使用し始めたことに端を発します。1834年にはサン・ジャン・バティスト会もまたメープルリーフを同会のエンブレムとして採用します。初代モントリオール市長ジャック・ヴィジェはメープルリーフを「森の王、カナダの象徴」を芸術的に表現し、フランス系カナダ人社会におけるメープルリーフと人々との結びつきを改めて強調しました。しかしメープルリーフが本格的にカナダ国家の象徴と目されるようになるのは19世紀後半以降の事で、1868年にオンタリオ州とケベック州の紋章として取り挙げられるようになり、さらに1921年にはカナダ国家の紋章としてメープルリーフが刻まれるようになります。歴史的にはオンタリオ州の紋章は黄色の葉によって、そしてケベック州の紋章は緑色で描かれることが主流であったにもかかわらず、現在の国旗を始めとするカナダ社会におけるメープルリーフの紋章は赤で統一されている感がありますが、本来は緑が主流であり、1957年になって初めて赤で統一されるようになります。そして1965年には満を持して赤いメープルが国旗のモチーフとして固定化され、以降現在まで同国の象徴として広く親しまれています。現在メープルリーフはカナダ国旗以外にも様々なカナダ系企業やスポーツチームのロゴとして用いられて世界におけるカナダの象徴として注目を集めています。

王立カナダ造幣局が総力を結集して創造する地金型金貨の最高峰

例年カナダ造幣局がリリースするメープルリーフ・コインは、時代を超えて最も愛されている究極の地金型コインであり、現代のコインコレクターにとってはコレクションの必須アイテムとして広く認知されているものです。当地金型金貨裏面のデザインの背景に見られる無数の放射線状の細い線は他のコインには見られない独特の艶やかな輝きをコイン一面にもたらし、コレクターにコインを所有する喜びを与えるほどの美しさを表出しています。当地金型金貨の裏面には、カナダの国章であるシュガー・メープル・リーフがシンプルかつ生々しく描写され、この北方の大国を象徴する理想的な表象としての役割を果たしています。当地金型金貨上でのメープルリーフの写実性の高い描写は、王立カナダ造幣局の現時点における最高度の技術力を示しています。想像を絶する集中力によって正確に描かれる芸術性の高いメープルリーフの詳細は、地金型コインの入手を考慮している世界中のコレクターの高い要求に応え得るものであり、王立カナダ造幣局のプライドでもあります。また当地金型金貨は99.9%の純金から制作される高純度の地金型コインであり、流動的な市場においてもその高品質とブランド力においてあらゆる投資の目的に見合う確実性を備えるものです。2022年版として再び発行されることになった当地金型メープルリーフ金貨ですが、今後も継続的にリリースされることを強く望んでしまうほどに魅力的なデザインではないでしょうか。素朴ながらも大国カナダの誇りである真紅のメープルリーフを想起させるこのゴールドコインは、既に王立カナダ造幣局の主力ブランドとしての多面的な魅力を確立していると断言できます。コイン表面のエリザベス2世の肖像は英国本国のロイヤルミントが発行するコイン上では決して見かけることの無いカナダ独自のものであり、このコインの付加価値となっていることも事実です。英国での公式なコイン肖像としては第1肖像から第5肖像までが知られていますが、このカナダ造幣局ならではの肖像には王族の象徴である王冠もティアラもその頭上には見当たりません。ただひたすらシンプルに普段の女王の横顔を描くことに専念するこのカナダ版こそは、人間としての女王のありのままの姿をコイン上に刻む控えめながらも好感の持てるものです。そのシンプルさには、コイン裏面のメープルリーフの素朴さとの共通点が見られ、やはりカナダ造幣局が発行するコインならではの特徴では無いかと改めて実感するに至ります。カナダの大自然の息吹をしみじみと感じさせる2022年版メープルリーフ金貨の堂々の日本上陸まであと僅かとなりました。

品番 1411
重量 1/2オンス(約15.6g)
直径 25.00mm
表面 エリザベス2世肖像
裏側 メープルリーフ
納期 納期はお問い合わせください。

予約品

ご利用方法の詳細はこちら
配送・送料・返品について

海外受注生産の為、ご注文後のキャンセルができません。
また、ご注文確定後でも入手が確約できない場合がございますので、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

ご予約後、価格や納期についてご連絡申し上げます。 数に限りがございますので、ご連絡時点で予約が終了している可能性があることを予めご了承ください。

シェアする

国内最安値に挑戦中!
地金型コイン・モンスターボックスなど大量購入をご検討の方は、まずは気軽に無料見積もり!