image

HOMEモダンコイン > 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き

2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き

未鑑定 ロイヤルミント発行 専用BOX付き
  • 品番: 4037
  • モダンコインs1:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs2:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs3:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs4:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs5:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs6:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs7:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs8:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs9:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs10:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs11:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs12:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き
  • モダンコインs13:4037 2024 チャールズ3世 「007の60年」ボンド映画記念シリーズ第3弾 「1980年代」 2ポンド 1オンスプルーフ銀貨 未鑑定 箱付き

主役ジェームズ・ボンドの個性を強く印象付けた映画「007シリーズ」

 

1962年公開の第1作「ドクター・ノオ」の記録的な成功によって、スパイ映画の最高傑作の仲間入りを果たした「007シリーズ」。主役のジェームズ・ボンドは歴代6人の名優たちによって演じられましたが、同映画シリーズ25作品には彼らの個性と魅力が封印されています。息もつかせぬアクションシーンや毎回作中にて新たに紹介されるボンドの秘密兵器の数々は、これらの作品のエッセンスとして欠かせない重要な役割を果たしました。諜報員と言う特殊な役割を与えられている作中のボンドですが、同時に純英国人紳士としても描かれ、その華麗なライフスタイルの描写は同映画シリーズならではの眼目となっています。とりわけ1960年代初頭にボンドを初役で演じた名優ショーン・コネリーの演技と魅力は伝説化しており、ジェームズ・ボンドの典型として今日、広く認知されています。アストン・マーティンDB5はボンドの愛車として作中にて度々登場し存在感を発揮していましたが、潜水艦「ウェットネリー」や小型ジェット機「ビーディー」等の秘密兵器もまた多くの作品に登場し強い印象を残しました。戦闘シーンにおけるアクションがクローズアップされることの多かったボンド映画ですが、英国紳士としてのボンド像は映画のソフト面を際立たせる要素として、演出に奥行きをもたらしました。最初の3作にて監督を務めた英国人映画監督テレンス・ヤングは、第1作の制作を前にしてボンド役を務めることが決定していたコネリーを行きつけの高級テーラーに連れて行き、日常的に上質なスーツを着させるところから始まったという逸話が残っていますが、同映画シリーズには少なからずヤング監督の嗜好が反映されていると言われる所以でもあります。全25作品中にて華麗なるファッションを披露したボンドですが、とりわけ白のタキシード・ジャケットと黒いパンツを組み合わせた独特の着こなしは、後に男性ファンションの定番となり、一世を風靡しました。また混ぜずに振って作られるマーティニは、ボンドお気に入りのドリンクとして作中に度々登場し、ボンドの個性を強く印象付けました。

                                         

英国の偉大なる過去と未来の伝説を表裏に刻むモダンコインの秀作の誕生

 

映画007シリーズが産声を上げた1960年代に焦点を当てるモダンコインコレクション「映画007の60年間」第1弾。その後、1970年代を回顧するラインアップが第2弾として発表され、こちらも空前の成功を収めました。そして、2024年の幕開けと共に発表となった当第3弾は、それまでの20年間にも増して魅力的な作品が目白押しであった1980年代のボンド・フィルムに捧げられるオマージュに他なりません。コイン裏面に描かれているのは、1983年公開の名作「オクトパシー」にて注目を集めたボンドの秘密兵器の超小型ジェット機「ビーディー」です。1980年代を代表する傑作スパイ映画に数えられる「オクトパシー」ですが、最先端のポップカルチャーを謳歌していた1980年代を想起させる作品として今日なおも親しまれています。当コイン上に蘇ったボンド愛用のジェット機「ビーディー」ですが、何よりも当時の時代背景を感じさせる点において当コインシリーズの主旨に適う意匠であると言えます。大空を飛翔する「ビーディー」ほどに、当作中でのアクションシーンと大活躍を思い起こさせるものは無いでしょう。コイン裏面には、2022年9月8日の前国王エリザベス2世の崩御に際して、英国王位を継承したチャールズ3世の治世初のコインポートレート「公式第1肖像」が掲げられています。73歳の高齢にて英国王となったチャールズ3世ですが、当初危惧されていたような不安定さは微塵も見せず、ますます国王としての貫禄を誇示されているように見受けられます。2023年5月6日にはイギリス連合王国が総力を結集して国王のための戴冠式を挙行し、全世界は英国の伝統を映像にて堪能し、英国もまたその存在意義を世に発信することができました。ロイヤルミントの名匠マーティン・ジェニングスによるこのポートレートは、何よりもその写実性によって英国コインの新たな伝説となり、英国貨幣界の新境地をも切り開くに至りました。1980年代を回顧しながらも新たな時代の息吹きを感じさせる当コインは、英国文化の未来永劫にわたる繁栄を暗示するモダンコインの秀作に違いありません。

品番 4037
タイプ プルーフ
発行数 4007
重量 31.21 g
直径 38.61 mm
品位 約99.9%Ag
表面 チャールズ3世
裏側 ジェット機「ビーディー」
発送元 日本国内から発送

007関連TOPICS

2020年12月19日
007クリスマスキャンペーン 【プレゼント企画】

本格的に気温が下がり、神戸でも冬の到来をひしひしと感じます。そしていよいよ来週には「クリスマス」がやってきますね。ありきたりではございますが、私は毎年クリスマ...

TOPICS MORE

誠にお手数ですが、お問合せお願い申し上げます。
こちらの商品は現在価格が確定しておりませんので、確定次第ご案内申し上げます。

ご利用方法の詳細はこちら
配送・送料・返品について

シェアする