image

HOME地金型 > オーストリア 2024 ウィーンフィル 100ユーロ 1オンス 金貨 【1枚】 (コインケース付き)

オーストリア 2024 ウィーンフィル 100ユーロ 1オンス 金貨 【1枚】 (コインケース付き)

未鑑定 クレジットカード決済不可
  • 品番: 3986

一般価格:346,909 円(税込)
会員価格: 346,909 円(税込)

  • 地金型s1:3986 オーストリア 2024 ウィーンフィル 100ユーロ 1オンス 金貨 【1枚】 (コインケース付き)
  • 地金型s2:3986 オーストリア 2024 ウィーンフィル 100ユーロ 1オンス 金貨 【1枚】 (コインケース付き)
  • 地金型s3:3986 オーストリア 2024 ウィーンフィル 100ユーロ 1オンス 金貨 【1枚】 (コインケース付き)
  • 地金型s4:3986 オーストリア 2024 ウィーンフィル 100ユーロ 1オンス 金貨 【1枚】 (コインケース付き)
  • 地金型s5:3986 オーストリア 2024 ウィーンフィル 100ユーロ 1オンス 金貨 【1枚】 (コインケース付き)

典雅で柔らかな音色美を誇るウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の歴史的変遷

 

ドイツのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、オランダのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と並んで、世界三大オーケストラの一つとしてその名を世界に轟かせるオーストリア共和国のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。その創設は1842年3月28年にさかのぼり、レドゥーテンザールにて開催されたオットー・ニコライ指揮による「大コンサート」を起源とします。1900年に開催されたパリ万国博覧会の折には、大作曲家グスタフ・マーラーの指揮による公演にて伝説的な成功を収めましたが、このコンサートはウィーンフィル初の記念すべき海外公演として知られています。1938年のナチス・ドイツによるオーストリア併合は、ウィーンフィルの歴史的名声に暗雲もたらしました。ナチスによる解散命令に翻弄されたウィーンフィルでしたが、指揮者ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの尽力によってそれは回避されたものの、組織そのものの再編成を余儀なくされます。ナチスのオーストリア音楽界への関与を嫌悪するブルーノ・ワルター、エーリッヒ・クライバー、アルトゥーロ・トスカニーニらの大指揮者たちが皆アメリカ大陸へと逃れてしまったため、ウィーンフィルは一時的にではあったものの、その求心力を失います。しかしヨーロッパに残った前述のフルトヴェングラーやカール・ベーム等の優れた指揮者たちによって演奏活動は継続されることになります。第二次世界大戦後は、まず戦火によって焼失した国立歌劇場が再建され、かつてそこを本拠としたウィーンフィルもまた再び昔日の輝きを取り戻しました。1950年代以降、再び国際的な活躍が続き、その磨き抜かれた典雅な音色美によって本拠地のウィーンを始め、全世界の主要なコンサートホールとオペラハウスにて名演奏を繰り広げ、観客を感動で包み込みました。そして、その決して途切れることのない高水準を支え続けたのが、ヘルベルト・フォン・カラヤン、サー・ゲオルク・ショルティ、ローリン・マゼール、クラウディオ・アバド、リッカルド・ムーティ等の巨匠指揮者たちの個性豊かな才能と音楽性であったことは確かです。また同楽団が本拠とする楽友協会大ホール「黄金の間」や、戦後再建されたウィーン国立歌劇場、また夏季のザルツブルク音楽祭の主会場となる祝祭大劇場等の音楽施設の磨き抜かれた音響効果も、ウィーンフィルの伝説的な音色美の謎を解く上で重要と思われます。

 

世界で最も「音楽的」な地金型コインの最高傑作

 

地金型コインのベストセラーとして、1989年以降毎年発行され好評を博している「ウィーンフィル地金型コイン」。オーストリア造幣局がその威信を賭けて世界に贈るこの美しい傑作は、コインマニアのみならず、世界中のクラシック音楽ファンにも贈られるべき究極の記念品です。純度99.99%の純金を用いて制作される当コインは、この種の地金型作品の最高傑作としての地位を確立しています。初発行以来、ウィーンフィルの音楽性を具象化した魅惑的なデザインを踏襲してきた同地金型コインですが、この度、待望の2024年度版が満を持しての解禁となります。コイン表面には、毎年元旦恒例の「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート」の会場として知られるウィーン市内の「楽友協会大ホール・黄金の間」の舞台側の巨大なパイプオルガンが描かれています。冬のウィーンの風物詩となっている元日に開催されるニューイヤーコンサートは、衛星同時生中継によって全世界に配信され、世界中に根強いファンを持つイベントであり、オーストリア共和国にとっては国家的な祝祭でもあります。2020年のみ世界的なコロナ・パンデミックの影響により無観客開催が実施されましたが、その後、再び通常開催となりました。現在、ドイツの名指揮者クリスティアン・ティーレマンが出演する予定の2024年元旦の開催が待ち望まれています。裏面には、オーケストラを構成する管弦楽器やハープがバランスよく配置されており、上部には楽団の正式名称がドイツ語にて格調高く刻まれています。「ウィーンフィル・サウンド」と称される同楽団ならではの明るく伸びやかな音色と音楽の内奥を探る驚異的な表現力はCDやレコードを始めとする各種音楽媒体によって既に実証済みですが、当コインはその極上の音色の魅力をコイン上にて視覚的に再現する最大の成果として注目に値します。そしてコインデザインそのものを愛でる限りにおいて、無限の成功を収めているように思われます。 これからもこの世界で最も「音楽的」な地金型コインが継続的に発行され続けることを願わんばかりです。

品番 3986
価格

一般価格:346,909 円(税込)

会員価格: 346,909 円(税込)

タイプ 地金型
重量 約31.1g
直径 約37.0mm
品位 約99.9%Au(K24)
表面 ムジーク・フェライン・ザール黄金の間 パイプオルガン
裏側 ウィーンフィルの楽器
発送元 日本国内から発送
一般価格: 346,909 円(税込)
会員価格: 346,909 円(税込)

こちらの商品はクレジットカード決済に対応しておりません。

ご利用方法の詳細はこちら
配送・送料・返品について

シェアする