image

HOMEモダンコイン > 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE

1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE

NGC鑑定付き 最高鑑定 ロイヤルミント発行 特別版
  • モダンコインs1:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs2:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs3:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs4:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs5:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs6:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs7:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs8:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs9:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs10:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs11:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs12:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs13:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE
  • モダンコインs14:2924 1953 エリザベス2世 ヤングヤング ブリタニア ペニー銅貨 マットプルーフ仕上げ NGC PF63BN MATTE

英国の永遠の宰相サー・ウィンストン・チャーチルが見届けた1953年のエリザベス2世の戴冠式

 

2023年5月6日、イギリス連合王国は70年振りとなる新国王チャールズ3世の戴冠式を迎えます。式の全容は現代屈指のテクノロジーを結集して全世界に配信され、英国王室が数世紀に渡って継承してきた伝統は、惜しげもなく国際的に披露され注目を集めることでしょう。それと同時に、昨年崩御された前国王エリザベス2世のために挙行された70年前の戴冠式が再びクローズアップされ、英国王室の過去の栄光が再び脚光を浴びることと思われます。

現代英国を代表する2人

1952年のジョージ6世の崩御から1年4ヶ月を経て開催された女王の戴冠式当日、英国全土は1838年のヴィクトリア女王以来となる久しぶりの女性の君主の戴冠式の挙行に興奮していました。

時の首相ウィンストン・チャーチル卿もまた新国王に永遠の忠誠を誓い、戴冠式においても中心的な役割を果たしました。未だ英国の一王女に過ぎなかった幼少期のエリザベス2世に初めて会った時の印象を、後に卿は注意深く言葉を選んで語っています。「また幼いながらも、何と威厳のあるお方だろうかと感心せずにはいられませんでした」と、当時を懐かしく思い返していた卿。その時の幼い王女が満を持して王位を継承することになり、新国王エリザベス2世として晴れの戴冠式を迎えるに至ったことは卿にとっても生涯忘れ得ぬ特別な感動であったことでしょう。

©ウィンストン・チャーチル首相とエリザベス2世 ;1953

エリザベス2世の治世初の首相として内閣を支えることになったサー・ウィンストンでしたが、20世紀初頭以降の連合王国を政治面において補佐していた大功労者でもありました。祖父と孫ほども年の離れていた両者の間には、常に君主と臣下としての絶対的関係があったことも確かですが、若き日の女王もまた、年配者にしてベテラン政治家でもある卿を事あるごとに慕い、敬意を以って接していました。

そしてサー・ウィンストンの過去の予言はその後、ものの見事に的中します。卿自身はその後、畢生の大書「第二次世界大戦回顧録」の執筆によってノーベル文学賞を受賞し、1960年代中盤まで生き永らえた後に波乱の生涯を閉じました。そして卿が敬意を伴って常に見上げていたエリザベス2世はと言えば、その後70年間にわたって卿が見抜いた通りのただ事ではない威厳を終始身に纏われ、正に全世界と対峙して正々堂々と君主としての務めを果たされたことは、実に我々の知る通りです。

 

今後知られざる逸品としての歴史的真価を発揮することが予想されるモダンコインの大作

 

©メアリー・ギリック 1953 Royal Mint Museum

昨年2023年9月8日、70年間に及んだ長期在位の後に崩御されたエリザベス2世。今なお忘れ得ぬ、あの1953年の感動の戴冠式を彷彿させる世紀の大珍品のご紹介です。

表面

当ペニー銅貨表面に描かれているのは、女王の治世初となった公式コイン肖像の第1弾となった「エリザベス2世の第1肖像」です。「ヤングヤング・エリザベス」の別称によって現在も高い人気を誇るこの傑作ポートレートは、即位当時僅か25歳であった女王の溢れんばかりの瑞々しさを前面に押し出した現代英国コイン肖像の最高傑作に他なりません。

頭上には古代ギリシャ時代以降、勝利者や最高権力者の象徴とされてきた月桂冠が見られますが、これは元来男性の象徴でもありました。そのような冠を女性君主のための新作ポートレートに加えるということ自体が大胆な試みであり、またそれまでにも前例がなかったため、1950年代当時としても相当の冒険であったことは確かです。その因習を打破し、傑作肖像と言われるまでに作品のレベルを斬新なデザインの起用によって磨き上げたのは、1960年代のロイヤルミントで活躍した異色の女流コインデザイナー、メアリー・ギリックの研ぎ澄まされた感性と、デザイナーとしての先見の明の賜物であったことは間違いありません。

裏面

そしてコイン裏面には過去約2000年間にわたってグレートブリテン島を守護し続け、今も英国人の心の拠り所として愛されている麗しのブリタニア像が描かれています。古代コリント式の兜を頭上に戴き、両手に三又の槍「トライデント」と英国旗ユニオンジャックを模したシールドを携えた勇壮な女戦士の姿は、英国コインの普遍的なテーマとしてデザイン化され、数々のバリエーションを生み出して今日に至ります。偶然かも知れませんが、この裏面のブリタニアの座像もまた表面の女王の肖像と同じく右向きであり、否が応でもエリザベス女王を想起させるものです。そしてこの点こそが当コイン最大の眼目であり、美点でもあることは確かです。実際に70年間にわたって英国を守護し続けたエリザベス2世の戴冠式の永遠の思い出の逸品として、当ペニー銅貨が今後希少性を高めるであろうことは想像に難くありません。

元来プルーフ仕上げであってもおかしくないほどの希少性を誇る当コインですが、リリースに際しての撮影効果を考慮してマット仕様を採用したとのことで、当ペニー貨最大の特徴となっています。超然の希少価値を誇る当ペニー貨の歴史的遺産としての価値は計り知れず、今後、チャールズ3世の治世下において、さらには幾世紀にも渡って、20世紀英国コインの知られざる逸品としての真価を十全に発揮することでしょう。

品番 2924
鑑定番号 3639511010
現在のNGC鑑定数はここをクリック下さい
グレード数 PF 63 BN MATTE
タイプ マットプルーフ仕上げ
発行数 推定3-5枚
重量 約9.4 g
直径 約31 mm
表面 エリザベス2世
裏側 ブリタニア
発送元 日本国内から発送

誠にお手数ですが、お問合せお願い申し上げます。
こちらの商品は現在価格が確定しておりませんので、確定次第ご案内申し上げます。

ご利用方法の詳細はこちら
配送・送料・返品について

シェアする