HOMEモダンコイン > インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC

インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC

NGC鑑定付き

一般価格:73,700 円(税込)
会員価格: 67,000 円(税込)

  • モダンコインs1:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs2:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs3:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs4:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs5:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs6:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs7:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs8:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs9:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs10:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs11:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC
  • モダンコインs12:2109 インドネシア 1970 独立25周年記念 文殊菩薩像 250ルピア銀貨 NGC PF68UC

300有余年の植民地支配から独立を勝ち得た群島インドネシア

 

世界有数の多民族国家であるインドネシアは、1945年の独立以降、スカルノおよびスハルト両政権による統治の下、国家の安定を確固たる基盤とした経済・社会発展に取り組んできました。日本政府の継続的な開発援助によって、2008年にはG20の仲間入りを果たすとともに、今日に至るまでASEAN諸国(東南アジア諸国連合)の主要国としてアジア地域の平和と安定に貢献してきました。2018年に日本とインドネシアは国交樹立60周年を迎えるなど、一般的に親日派が多いと言われるインドネシア。大航海時代より長期にわたりヨーロッパ列強国による植民地政策に翻弄されてきました。当時のヨーロッパ列強諸国は、海洋覇権によって自国の限りない繁栄を求め、アジア諸国への進出にしのぎを削っていました。列強諸国の一つであったオランダの植民地下に置かれたジャワ・スマトラ(現在のインドネシア)は、当時「オランダ領東インド」と呼ばれ、インドと中国を結ぶ海上交通の重要拠点としての役割を担っていました。それから時を経て、20世紀に勃発した第二次世界大戦における日本軍のインドネシア占領までの300有余年、インドネシアではヨーロッパへ輸出するためのコーヒーやタバコ等の商品作物の強制栽培が行われ、統治国オランダに莫大な利益をもたらしました。植民地時代の到来とともに、ヨーロッパ各国がインドネシアにおいて繰り広げた覇権争いによる影響を受けながらも、オランダの植民地としてその繁栄に貢献したインドネシアですが、1941年の第二次世界大戦勃発を機に日本の支配下に置かれることになるインドネシアは、日本の敗戦直後の1945年8月17日に日本領から「インドネシア共和国」としての独立を宣言しました。独立宣言後も同国は、再植民地化を狙うオランダとの独立戦争(1945年-1949年)の勃発によって混迷を極めましたが、1949年には遂にオランダからの独立を果たし、「インドネシア連邦共和国」を成立させました。その後もアジア通貨危機を発端とする社会・経済の混乱による間接的な影響を受けながらも、安定した政策基盤の構築により、インドネシアは世界各国の注目を浴びつつ、多大なる発展を遂げ続けています。

 

文殊菩薩像が降臨したモダンコインに託された独立国家としての繁栄と平和

 

1945年8月17日のインドネシア独立宣言から25周年を記念して発行された「1970年インドネシア独立25周年記念コイン(文殊菩薩)」は300有余年の植民地国家の歴史に幕を閉じ、独立国家として新たな一歩を踏み出すきっかけとなった歴史的価値を有するコインです。コイン裏面に描かれている文殊菩薩は一般的には知恵や学問と関連付けられ、物事を正しく見極め判断する「智慧」を象徴していると言われています。13世紀以降、イスラム教を信奉し続けてきたインドネシアですが、当コインデザインには文化や宗教の共存を認める同国の多様性が感じられます。当コインに描かれている菩薩像を通して、独立国家としてのスタートを切ったインドネシアが選択した国家の方向性が正しかったことを示唆しているように思われます。また、表面に描かれているインドネシアの国章の中央に描かれている神鳥ガルーダですが、同国の守護神として国章をはじめ公式な文書、そして国営航空「ガルーダ・インドネシア航空」の尾翼にもそのアイコンが描かれていることはよく知られています。カラス天狗のような容姿を持つガルーダは、知識・力・勇気・忠誠・規律などを象徴するとされています。ガルーダの足元には、「多様性の中の統一」を意味するインドネシア語「BHINNEKA TUNGGALIKA」が刻まれた巻物が見られ、同国の多文化・多言語を特徴とする統一国家の実現を表しています。独立25周年記念コインとして発行された3種類のコインの一つである文殊菩薩像をデザインした当コインですが、神秘的かつ温かく穏やかな笑みを湛えた菩薩像が多くのコレクターを魅了することでしょう。国家の独立に祝意を捧げる国民の歓喜を感じさせる当コインのデザインは、現代インドネシアを代表する記念コインの一枚として、今後長く愛され続けることでしょう。

品番 2109
鑑定番号 3955592013
現在のNGC鑑定数はここをクリック下さい
価格

一般価格:73,700 円(税込)

会員価格: 67,000 円(税込)

グレード数 PF 68 ULTRA CAMEO
重量 約10.0g
直径 約30mm
表面 国章
裏側 文殊菩薩像
発送元 日本国内から発送
一般価格: 73,700 円(税込)
会員価格: 67,000 円(税込)

ご利用方法の詳細はこちら
配送・送料・返品について

シェアする