HOMEアンティークコイン > 1594-1596 エリザベス1世 1ポンド金貨 NGC AU55 S-2534 Koehlmoos Coll

1594-1596 エリザベス1世 1ポンド金貨 NGC AU55 S-2534 Koehlmoos Coll

NGC鑑定付き

一般価格:13,090,000 円(税込)
会員価格: 11,900,000 円(税込)

エリザベス1世の在位下に海洋覇権国家としての繁栄を謳歌する英国

 

1534年に議会の承認の下に首長法(国王至上法)を制定し、英国王の権威を飛躍的に高めたことで知られる16世紀の英国王ヘンリー8世。ローマ教皇との対立から教皇に代わって英国王を教会の首長とするこの宗教改革によって、プロテスタントの教義を主軸とする英国独自のキリスト教であるイングランド国教会の創設を実現します。その後イングランドは、短命に終わったエドワード6世とカトリック主義の断行によって国内に混乱をもたらしたメアリー1世の治世を経て、エリザベス1世を新時代の君主として迎えます。ヘンリー8世と2番目の王妃アン・ブーリンの第1王女としてエリザベスが誕生した時に未来の英国女王となることを予想した者は誰一人としていなかったことでしょう。薔薇戦争終結後に創設されたテューダー朝を継承したヘンリー8世は、強力なリーダーシップを発揮することの出来る男子の後継者を望んでいたことから、エリザベスの王位継承権は無きに等しいものでした。ヘンリー8世に続いて即位した異母兄弟であるエドワード6世は、処刑された王妃の子であるエリザベスの王位継承権を生涯にわたって認めませんでした。その後継者となるメアリー1世に至ってはエリザベスの継承権を認めないばかりか、カトリック勢力を転覆させるためにプロテスタントによる謀反を画策した咎によってエリザベスをロンドン塔に投獄します。苦難の道を歩むことになるように見えたエリザベスの複雑な前半生でしたが、義理の姉メアリーの崩御に際し奇跡的に王位継承権を復活させることが可能となります。そして1558年に英国女王エリザベス1世として即位し、その権威を内外にアピールします。その後約45年間にわたって英国に君臨しますが、その間に国家の国際的地位を著しく向上させることに貢献し、その威光は我々の生きる21世紀においても伝説として語り継がれています

 

君主の絶対的権威を復活させたエリザベス1世による統治の下に空前の繁栄を謳歌した英国

 

英国史の黄金期を形成したエリザベス1世の治世は、数々の歴史的事象の記憶と共に今も英国民の脳裏に焼き付いて離れません。一生涯にわたって独身を貫き、国家と王室の繁栄に人生を捧げた女王の功績に対し、人々は敬意を込めて「グロリアーナ=栄光の女性」と呼ぶほどです。統治者としてのエリザベスは父ヘンリー8世や、弟エドワード6世、また姉のメアリー1世よりも穏健であったと言われていますが、その治世の成功の秘訣は「我は見る、そして語らない」の一文が明らかにしています。父王が制定した王室至上法を踏襲したばかりか、新たに「礼拝統一法」を発布し、君主を首長とするイングランド国教会における自身の絶対的権威を確立します。1588年のスペイン艦隊に対する英国の圧倒的勝利は女王の治世最大の功績として半ば伝説化しており、歴史上常に女王の名と共に語り継がれているほどです。その治世下においてはエドマンド・スペンサー、クリストファー・マーロウ、そしてウィリアム・シェークスピア等の有能な文学者が競って才能を開花させ、英国文学の黄金期を形成しました。またフランシス・ドレークやジョン・ホーキンスを始めとする優れた航海士の活躍によって海洋覇権国家としての英国の輝かしい前途は約束され、後の大英帝国の成立に至る国家の土台が築かれたことは女王の治世下最大の功績として特筆に値します。

 

英国史の黄金時代をその表裏に刻み恒久化する英国貨幣の華

 

1594年から2年間のあいだに鋳造された推定される当1ポンド金貨は、輝かしい過去の栄光とともに歴史上にその存在感を誇る在りし日のエリザベス1世の威厳のある肖像を刻む英国貨幣の華に他なりません。この金貨が発行されてから既に約430年もの歳月が経過していますが、女王のポートレートを見る限りにおいてとてもそこまで古いとは思えない奇跡的な保存状態によって現代の我々の目を魅了します。在世当時の女王を描く油彩画は数多く残されていますが、そこに際立っている点は偉大なる国家に君臨する強力な統治者を強く意識していた栄光の女性を彩る満艦飾の装いあり、観る者を瞬時にして16世紀の女王の世へと誘います。当コイン表面に描かれているポートレートにもそれら油彩画と同じく、女王の権威と個性を強く印象付ける幾つかの特徴が見られます。女王の頭上には海洋の覇者として名を馳せたこの稀代の英国女王の至高の王権を象徴する宝冠が煌めいています。そしてその衣装には油彩画においてもお馴染みの、女王のトレードマークと言っても過言では無い16世紀風の優美な襟飾りが艶めかしく描かれています。また特徴的なデザインの豪華絢爛たる衣装との極端な対比を見せる女王の冷ややかな顔貌は、やはり油彩画との共通点を容易に見出すことができるほどリアルに再現されています。中央のポートレートを強調するかのように周囲を囲む碑文は荘厳なるラテン語で刻まれ、「神の恩寵によるエリザベス、イングランド、フランス、及びアイルランドの女王」という意味を持ちます。また裏面には「忠誠の盾が彼女を守護する」という意味の別の碑文が見られますが、この一文が女王の治世に鋳造されたこの見事なコインの付加価値となっていることに異論はないはずです。さらに中央には巨大な宝冠を戴く4分割された盾の紋章が刻まれ、その中には英国の象徴である「3つのライオン」と、フランス王家の象徴である「フルール・ド・リス」が挿入されています。紋章の左右にはラテン語でエリザベス女王を意味するEとRの文字が見られます。これは「ロイヤルサイファ」と呼ばれ、歴代国王が所有する王の名前をデザイン化した紋章です。ケールモース夫妻が構築した秀逸なコレクションは、希少価値の高い厳選された英国とドイツのアンティークコインを中心とする収集品のクオリティーによって過去の最大の国際的名声を博したものの一つとして著名です。当1ポンド金貨もまたかつてこの一大コレクションの一部分を形成していたものですが、その歴史的な背景と最良の保存状態、そして何よりもその美しい外観によって、真に偉大なるコレクションの真骨頂を伝えるに足る価値を有しています。英国史の黄金時代の空気をその表裏に刻む当1ポンド金貨ですが、女王エリザベス1世の生前の威光を讃えるとともに、女王の治世以降に英国が歩むことになる栄光の年月を予見させる優れたデザインに不動の価値を認めることができます。改めて21世紀に継承されたこの英国史の最盛期が生み出した黄金の結晶に驚嘆するばかりです。

品番 1844
鑑定番号 6450128009
現在のNGC鑑定数はここをクリック下さい
価格

一般価格:13,090,000 円(税込)

会員価格: 11,900,000 円(税込)

グレード数 AU 55
重量 11.14 g
表面 エリザベス1世肖像
裏側 紋章を描いた盾・ER
発送元 日本国内から発送。
一般価格: 13,090,000 円(税込)
会員価格: 11,900,000 円(税込)

在庫有り

数量:

ご利用方法の詳細はこちら
配送・送料・返品について

シェアする