HOME地金型 > オーストリア 2022 50ユーロ1/2オンス ウィーン地金型金貨【ご予約承り品】

オーストリア 2022 50ユーロ1/2オンス ウィーン地金型金貨【ご予約承り品】

ご予約承り品 未鑑定
  • 品番: 1405
  • 地金型s1:1405 オーストリア 2022 50ユーロ1/2オンス  ウィーン地金型金貨【ご予約承り品】
  • 地金型s2:1405 オーストリア 2022 50ユーロ1/2オンス  ウィーン地金型金貨【ご予約承り品】
  • 地金型s3:1405 オーストリア 2022 50ユーロ1/2オンス  ウィーン地金型金貨【ご予約承り品】
  • 地金型s4:1405 オーストリア 2022 50ユーロ1/2オンス  ウィーン地金型金貨【ご予約承り品】

古き良きウィーンの情緒を今に伝える世界最高のオーケストラ

ドイツのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と並んで世界最高のオーケストラとしての名声を博すオーストリアのウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の存在を抜きにしてクラシック音楽を語ることは不可能な程です。膨大なレパートリーを有し、録音と実演の双方における実績を誇るウィーンフィルですが、ドイツ・オーストリア系のレパートリー、特にウィーン出身の作曲家による楽曲の演奏にかけては右に出る者が無い程です。1842年、ハプスブルグ帝国の首都ウィーンにおいて産声を上げたウィーンフィルですが、スラブ、ドイツ、イタリア、ボヘミア系などが共存する多民族都市を代表するオーケストラでありながらも響きの均一性、純度、統一感を奇跡的に維持し、教育による伝統の継承を体現しつつ今日に至ります。そして何よりも重要なことは同楽団の演奏を支える精神性を貴ぶ気風で、主体性と喜びを持って演奏することを何よりも心掛けているとのことです。それらが渾然一体となってあの独特の豊麗典雅にして艶やかな音色が生まれているということが納得できます。そしてその音色美の謎は、本拠地のコンサートホールであるムジークフェラインザールや世界三大オペラハウスの一つ、ウィーン国立歌劇場、さらには毎年夏のみの公演のために客演する機会の多い1960年に完成したザルツブルグ祝祭大劇場等の温かくもきめ細やかな音響効果に隠されているようにも思えます。

元旦恒例の世界的イベントに発展したウィーンフィルのニューイヤーコンサート

当時のウィーンフィルの常任指揮者クレメンス・クラウスが1939年に始めたニューイヤーコンサートは、世界で最も人気の高いクラシック音楽のコンサートとして毎年元旦のひと時を華麗に彩っています。このコンサートはオーストリアの作曲家一族シュトラウス家の曲を中心としたウィーンゆかりの曲目で構成されており、アンコールとして「美しく青きドナウ」と「ラデツキー行進曲」で締め括られることが慣例となっています。我が国日本においてはオーストリアとの間に8時間の時差があるため、元旦の晩、19時15分に開演となります。会場はムジークフェラインザール黄金の間ですが、毎年この日のためにイタリア政府から贈られる色とりどりの花々が豪華絢爛たる音楽空間を埋め尽くします。1939年以降、一度も欠かすことなく毎年行われてきたニューイヤーコンサートですが、2021年元旦の公演は、現在世界を揺るがしているコロナ禍の影響により史上初の無観客での演奏が披露されました。当代随一のイタリア人指揮者リッカルド・ムーティとの共演は話題を呼び、コロナ禍であっても最高の演奏を世界に届けようとする同楽団の心意気を感じさせる感動的なコラボレーションを強く印象づけました。そして期待の2022年元旦ですが、来年御年80歳を迎える世界的巨匠指揮者ダニエル・バレンボイムとの共演が決定しており、現地ウィーンからの衛星生中継によって世界90カ国の聴衆が再びウィーンフィルの芳しい音色美に酔いしれるまであと僅かとなりました。

世界最高のオーケストラの多彩な魅力を十全に表現する地金型金貨の最高峰

オーストリア造幣局が毎年リリースするウィーンフィル地金型金貨は、伝統と歴史を誇るウィーンフィルの完璧無比な芸術性を視覚化する記念碑的なコインです。2022年に継続されるこの地金型コインの人気デザインは、ウィーンフィルが世界に発信して止まない音楽に参加する喜びを我々に与えます。コイン表面にはオーケストラで用いられるヴァイオリンを始めとする代表的な楽器がバランスよく配置されています。中央にはチェロを軸として4つのヴァイオリンが並べられ、その背後にはホルンやファゴットなどの管楽器、そして繊細な音色美を誇るハープが掲げられています。楽団のどのセクションを取っても世界最高度の完成されたテクニックを誇るウィーンフィルですが、これらの楽器が奏でる実際の音色に是非耳を傾けてみたいと思わせる優れたデザインが注目に値します。そしてコイン裏面にはニューイヤーコンサートの会場でウィーンフィルの本拠でもあるムジークフェラインザールの舞台正面が描かれていますが、ハプスブルグ帝国の歴史を今に伝える装飾性豊かな内装が、音楽の都ウィーンに育まれた文化とそれに貢献し続けて来たウィーンフィルの長年にわたる世界的な活躍を如実に物語っています。カナダのメープルリーフや英国のブリタニアと並んで高い人気を誇るウィーンフィル地金型コインですが、デザインが表現する高い審美性によってその国際的な人気は今後も継続されることでしょう。

品番 1405
重量 1/2オンス(約15.6g)
直径 28.00mm
表面 ムジーク・フェライン・ザール黄金の間 パイプオルガン
裏側 ウィーンフィルの楽器
納期 納期はお問い合わせください。

予約品

ご予約承り中です
お問い合わせ下さい

ご利用方法の詳細はこちら
配送・送料・返品について

海外受注生産の為、ご注文後のキャンセルができません。
また、ご注文確定後でも入手が確約できない場合がございますので、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

シェアする