HOMEアンティークコイン > 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169

年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169

最高鑑定 NGC鑑定付き

一般価格:14,190,000 円(税込)
会員価格: 12,900,000 円(税込)

  • アンティークコインs1:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs2:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs3:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs4:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs5:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs6:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs7:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs8:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs9:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs10:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs11:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs12:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs13:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs14:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169
  • アンティークコインs15:1816 年代不詳(1760-1820) ジョージ3世 1/2ペニー試作金貨 NGC PF60 W&R-169

母国英国を愛し、英国人としての誇りを決して失わなかったジョージ3世

 

ステュアート朝の断絶と共に新国王ジョージ1世によってイングランドにもたらされたハノーヴァ―王朝。ジョージ1世とそれに続くジョージ2世の時代2代にわたって国王が直接政治に関与せず、議会との適度な距離を保つことによって英国独自の立憲君主制が確立されました。英国はこの時期、内政外政の両面において束の間の安定を享受していました。そしてジョージ3世の時代を迎えた英国は、世界史の修羅場に遭遇することになります。数々の事象に翻弄され続けた王の治世は賛否両論を巻き起こし、時に厳しく糾弾され、また誤解を受けることもしばしばあったことは歴史が語る通りです。しかし王は一貫して英国の国益を重視し、英国君主としての自尊心を決して失うことはなかったと言われています。59年間にも及ぶその治世は男性の国王の在位期間としては最長であり、その間に英国は困難を乗り越え、新しい活路を見いだしたことも確かです。王の治世下、とりわけ1780年代に直面していた植民地アメリカでの諸問題とそれに続く戦争によって大陸における領土の大半を喪失することになる英国でしたが、同時期に英国本国に興った産業革命の成果は目覚ましく、その後の英国の繁栄に著しい貢献を果たしたことは世界史上で知られている通りです。1789年には隣国フランスにおいて大革命が勃発し、全ヨーロッパの王政そのものが存続を危ぶまれる事態を招きます。これを重く受け止めたジョージ3世は逆に王政の強化を試み、英国はその後も独立独歩の道を進みます。18世紀末から19世紀初頭にかけてのナポレオン・ボナパルトの台頭からヨーロッパ全土を巻き込む一大戦争へと発展したナポレオン戦争もまた王の治世を揺るがしかねない事件ではありましたが、同戦争における英国軍の偉大なる勝利は全ヨーロッパに再び平和をもたらし、19世紀以降の英国による世界的覇権の獲得を約束するに至ります。あらゆる困難を乗り越えて再び平安を取り戻した本来の英国の姿を見届けたジョージ3世は、遂にその波乱の生涯に終止符を打ちます。一見世界史の混乱に巻き込まれていたようにも見える王の時代の英国ですが、やがて全世界に広がる一大帝国の構築を成し遂げることになる英国の歴史上におけるターニングポイントと捉えることも可能です。それ故にジョージ3世の国家に対する歴史的貢献度は計り知れず、この点こそ王が今もなお英国民から尊崇の念を抱かれ続けている最大の理由ではないでしょうか。

 

バッキンガム宮殿の内部を彩るジョージ3世の鑑識眼と美意識を反映する古今東西の名画コレクション

 

母国英国から限りなき恩恵を享受したことを自認していたジョージ3世でしたが、英国王としての生涯の大部分は依然として謎に包まれているのも事実です。その私生活についてただ一つ確実に言えることは、王が当時を代表する教養人であり、その博識と学術の奨励によって生前から高い評価を受けていたということです。ロイヤル・コレクションに所蔵されている王の家族の書簡によりますと、王は8歳にして英語とドイツ語での読み書きを可能とし、さらに驚異的なことには、当時の政治事件についてそれらの言語でコメントする能力を持ち合わせていたとのことです。またジョージ3世は科学に関する知識を有する英国史上初の国王とされ、物理学、天文学、数学、フランス語、ラテン語、歴史学、音楽、地理、商業、農学、憲法の諸学問に習熟し、イングランド国教会からは宗教学の進講を受ける機会を度々持ち、若年にして自身の教養を深めることに専念していたとのことです。その全治世を通じて随時増額されていた潤沢な王室費を文化芸術の庇護のために投じることにやぶさかでは無かった王は、王立芸術院に助成金を与え、芸術の援護者としての自身の役割を強く認識していたと伝えられています。現在のバッキンガム宮殿の内部を飾る古今東西の名画の数々は王の時代に入手されたものが大半ですが、オランダの名匠ヨハネス・フェルメールの傑作「音楽の稽古」や、イタリアを代表する風景画の巨匠カナレットの作品群は、生前の王の高い鑑識眼と洗練された美意識を強調しています。

 

英国貨幣史上の真のレアリティ―に属するジョージ3世のハーフペニー金貨

 

今回ご紹介させていただく作品は、英国ハノーヴァー朝第3代国王ジョージ3世の在位期間に発行された大変由緒ある英国金貨の逸品です。1817年、王の治世下に初登場となったウィリアム・ワイオンのキャリア初期を飾る記念碑的名作「スリーグレーセス」を始め、ジョージ3世の在位期間に発行された貨幣はどれも名品ぞろいではありますが、当パターン・ハーフペニー金貨はその稀少性において群を抜いています。当コインの表面には頭上に豪華絢爛たる宝冠を戴く在りし日のジョージ3世の威厳に満ちた右向き肖像が刻まれています。有冠のジョージ3世を描くコインポートレートは大変珍しいものですが、その輝かしい宝冠をデザインから分析しますと、恐らくは最も古い王室祭具の一つで、歴代国王の戴冠式で使用される機会の多かった聖エドワード王冠ではないかと思われます。宮廷画家たちが描いた王の油彩画の数々は今もロイヤルコレクションに保存されているため、生前の王の風貌を確認することが可能です。このコイン表面はそれらの絵画に見られる王の顔の特徴との共通点を見い出すことのできる生々しい肖像を描き出しているように思えます。王のトレードマークでもある太い頸部は、同時代のコイン・デザイナー、ベネデット・ピストゥルッチの大作「ブル・ヘッド」でも強調されていましたが、当コイン上に描かれたこの優れた肖像は王の実在の姿を一切デフォルメすることなく、端正な筆致によって描き切っており、観るものの興味を惹きつけて止みません。この優れたポートレートは、王の治世下に英国貨幣界を席巻した才人コンラート・ハインリッヒ・キュッヒュラーの正確無比な表現をオリジナルとして、当時ロイヤルミントを代表する逸材として名を馳せた若き日のウィリアム・ジョゼフ・テイラーが再構築したとされる逸品です。ポートレート周囲には「神の恩寵による国王ジョージ3世」を意味する荘重なるラテン語碑文が刻まれており、英国史に貢献した稀代の帝王ジョージ3世の威光を限りなく讃えています。そしてこのコインならではの特徴として、刻印なしのシンプルな裏面が挙げられます。試作用に発行されたと思しき当ハーフペニー金貨ですが、詳細は謎のままではあるものの、刻印なしの裏面に関して2つの理由が浮上します。第1の理由として、表面のデザインのみのための試作品として考案されたため、当金貨には元々裏面にデザインを刻印する予定が無かったのではないかという仮説が挙げられます。第2に、当コインは元来、賞与目的等で発行された物であったことから、随時個人名や碑文を刻むために故意に裏面に空白を設けていたという説が考えられます。これら諸説の有効性はともかく、裏面が空白になっているコインというのは英国貨幣史上に例がなく、この点こそが当コインの絶大なる希少価値に繋がっていることは疑いようのない事実です。英国貨幣史上に残る名作金貨のほぼすべてを網羅するアレックス・ウィルソンとマーク・ラスマッセンによる共編「English Pattern Trial and Proof Coins in Gold 1547-1968」において実物写真の掲載によって特筆されている当ハーフペニー貨は、同書独自の尺度によるコインのレアリティ―度の格付けにおいて最高度のR7(現存枚数1~2枚)を獲得した貨幣学上の奇跡に属する一品です。英国アンティークコイン史の重要な一部分を形成するこのハーフペニー貨が、今度、更に希少価値を高めるであろうことは疑う余地のないことです。

品番 1816
鑑定番号 2124454047
現在のNGC鑑定数はここをクリック下さい
価格

一般価格:14,190,000 円(税込)

会員価格: 12,900,000 円(税込)

グレード数 PF 60
重量 14.00 g
表面 ジョージ3世
発送元 日本国内から発送。
一般価格: 14,190,000 円(税込)
会員価格: 12,900,000 円(税込)

ご利用方法の詳細はこちら
配送・送料・返品について

シェアする