HOMEアンティークコイン > 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627

1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627

NGC鑑定付き

一般価格:3,289,000 円(税込)
会員価格: 2,990,000 円(税込)

  • アンティークコインs1:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs2:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs3:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs4:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs5:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs6:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs7:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs8:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs9:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs10:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs11:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs12:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627
  • アンティークコインs13:1804 1605-1606 ジェームズ1世 クラウン金貨 NGC MS62 S-2627

イングランドとスコットランドの同君連合によって英国王位を推戴されたジェームズ1世

 

自身のイングランド王位継承権を強硬に主張し、エリザベス1世暗殺事件の首謀者として処刑された悲劇のスコットランド女王メアリー。ジェームズ(後の英国王ジェームズ1世)は、1566年にメアリー女王とダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの第1子としてエディンバラ城で誕生します。父ダーンリー卿が不審な死を遂げた後、母メアリーから引き離されたジェームズは、1歳1か月の時にスコットランド王位を継承しジェームズ6世となります。イングランド王室の歴史的な功績に対し称賛を惜しまなかった若き日のジェームズ6世は、母メアリーの処刑を容認した宿敵であるイングランド女王エリザベスと後年和解し、自身の将来的立場をより一層深く意識するようになります。英国王位請求権を持つジェームズ6世は、1603年のイングランド女王エリザベス1世の崩御に際して英国王ジェームズ1世として即位し、ここに史上初となるイングランドとスコットランド両国による同君連合が成立します。将来的にはイングランド、スコットランド、アイルランドの三王国を統一国家として統一するという壮大なる計画を胸に秘めていた新国王でしたが、固有の議会と政府、また教育システム等の社会的基盤を有するこれらの独立国家の統一が王の治世下に実現されることはなく、アン女王(1702年―1714年)の治世を待たなければなりませんでした。生前の王は王権神授説の絶対的信奉者として知られていましたが、王のこの信条はその後ヨーロッパ各国の王族によって支持され、絶対王政の基礎となります。一つの信仰の下に国家が統一されるべきであるとする王の持論は1604年のハンプトンコート会議の開催を実現し、結果的にイングランド国教会とスコットランド教会の後援と同時に、カトリック勢力の弾圧強化へと繋がります。王の在位期間中に対外的成功を手中に収めた英国でしたが、中でも1607年に実現した英国直轄植民地ヴァージニアの建設は特筆すべき事象として英国史上に刻まれ、後の植民地政策の先鞭となります。強硬な政治手法と王権神授説の信奉によって議会との対立に直面したジェームズ1世でしたが、17世紀初頭のイングランドを代表する知性としての側面は意外と知られておらず、その功績が評価の対象となるには時間を要したことも確かです。「自由なる君主国の真の法」と題する書の著者としても知られているジェームズ1世は、歴史的哲学者フランシス・ベーコンを手厚く保護したことでよく知られています。エリザベス1世が継嗣を残さずに崩御したため英国王位を継承し、ステュアート朝を創設したジェームズ1世ですが、王の後に続く英国の歴代国王は全て王の直系であることから、王の存在無くしてその後400年以上にも及ぶ英国王室の繁栄は無かったも同然であると言えます。

 

ジェームズ1世の終生の宿願であったイングランドとスコットランドの統一を象徴するクラウン金貨

 

ジェームズ1世によるイングランドとスコットランド同君連合の樹立から3年目の年に当たる1605年から翌1606年の間に発行された当クラウン金貨は、その後の英国王室の指針となった王の治世を象徴する壮麗な意匠が両面に刻むアンティークコインの極致です。王が生涯を賭けて宿願としたイングランドとスコットランド2国の統一が当コインの主要なテーマとなっています。表面中央にはイングランドの国花である薔薇の紋章が見られますが、これは前王朝テューダー家のシンボルであったテューダーローズを模したもので、宿敵ランカスター家とヨーク家の統合によって成立した同家の王位継承権を相続したステュアート家によって受け継がれました。紋章の左右には国王ジェームズを意味するラテン語の頭文字I(Iacobus=James)とR(Rex=king)が見られ、さらに上部には永遠の英国王位を象徴する宝冠が煌めいています。そしてその周囲には「神の恩寵によるグレートブリテン、フランス、及びアイルランド国王ジェームズ」とこれもまたラテン語の碑文が刻まれ、王の絶大なる王権を賛美しています。裏面中央にはスコットランドの国花であるアザミが描かれ、再び国王の名のイニシャルIと国王を意味するRが両側に見られます。そして表面の続きである裏面の碑文は「神よ連合王国を守り給え」という意味を持ち、王国の統一を希ったジェームズ1世の本意を表しています。大型で見栄えのする銀貨として16世紀以降に流通していたクラウン貨は、当時、主に海外貿易の決済用貨幣として全ヨーロッパを席巻していました。その後、16世紀後半から17世紀にかけての英国ではクラウン金貨も発行されるようになります。当クラウン金貨もその種の貨幣の一つで、ユナイト金貨やローズリアル金貨と並んで王の治世を代表する金貨として貨幣史上に刻まれています。王の没後82年を経過してアン女王の治世下に初めて成立したグレートブリテン連合王国の成立を誰よりも喜んでいたのはジェームズ1世自身かも知れません。その基礎を構築したジェームズ1世の偉大なる功績を讃える当クラウン金貨は、秀逸なデザインが英国史の過去の栄光を浮き彫りにする歴史的英国アンティークコインの大作です。

品番 1804
鑑定番号 2124442035
現在のNGC鑑定数はここをクリック下さい
価格

一般価格:3,289,000 円(税込)

会員価格: 2,990,000 円(税込)

グレード数 MS 62
重量 2.03 g
表面 王冠を戴く薔薇の紋章・ロイヤルサイファ:IR
裏側 王冠を戴くアザミの紋章・ロイヤルサイファ:IR
発送元 日本国内から発送。
一般価格: 3,289,000 円(税込)
会員価格: 2,990,000 円(税込)

在庫有り

数量:

ご利用方法の詳細はこちら
配送・送料・返品について

シェアする