icon会員登録 icon資料請求 iconお問合せ iconカート

検索:

cart お問い合わせ 資料請求 新規会員登録 tel

ホーム  > ブログ  > 【モナコ・MDCオークション開催】入札代行のお申込み承り中 | COIN PALACE

BLOG

コインパレスのコインコンシェルジュブログ

2021.10.08スタッフブログ

【モナコ・MDCオークション開催】入札代行のお申込み承り中

Pocket

MDCオークション

ご挨拶

皆様こんにちは。

イギリスコイン専門店、コインパレスの室田でございます。

神戸では瀬戸内海から涼しい潮風が吹く季節となりました。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

本日は、来る10月20日・21日にモナコ公国で開催される「コイン・オークション」の代理入札についてご紹介申し上げます。

毎回、博物館級の価値があるコインが多数出品される、この世界的オークション。

今回はあの大物コインが出品されます。

弊社コインパレスでは、業界最安値の3%の手数料にて代理入札を承っております。

MDCオークションとは?

MDCオークション

引用:MDCオークション

モナコのモンテカルロを本拠とし、質の高いコイン・オークションの開催によって高い評価を得ているコイン・ディーラーであるMDC社(モネ・ド・コレクション社)。

過去のオークションにおいても同社が取り挙げた秀逸なコレクションは全世界的な注目を集め、とりわけ人気の高い英国コイン・コレクションは同社が毎年開催するオークションの知名度を高めました。

そして当月20日から二日間にわたって開催される予定の第8回MDCコイン・オークションでは、過去の開催にも増して英国コインの歴史的名品がクローズアップされることになります。

オークションの目玉「エドワード8世ソブリン金貨」とは?

MDCオークション

引用:MDCオークション

今回のモンテカルロでのオークションに先駆けて最も注目を集めているのは1937年・エドワード8世・5ポンド・ソブリン金貨で、その稀少価値と芸術性において英国貨幣史上の奇跡と謳われている屈指の傑作です。

歴史上のエドワード8世は、数々の伝説と共に20世紀の王室史の中心人物として語り継がれています。

「王冠を賭けた恋」として知られているアメリカ人女性ウォリス・シンプソンとの世紀の大恋愛によって、王の名は永久に歴史に刻まれることになりました。

同時に、この結婚によって王と英国国教会との対立は不可避となり、即位した年の年末に王は退位文書に署名することになります。

兄エドワード8世の退位後、王位は弟のアルバートが継承することになり、新たにジョージ6世となります。

歴代国王の在位期間の中で、エドワード8世のそれは例外的なほど短期間であったため、王の在位中に通常の記念コインが発行されることはありませんでした。

「エドワード8世ソブリン金貨」が伝説のコインとなった経緯

MDCオークション

引用:MDCオークション

王の戴冠を記念して即位の翌年にリリースされる予定であったコインとメダル制作のための200点以上のオリジナル型は、前年12月の退位決定後、ロイヤルミントによって全て廃棄されていたと伝えられています。

エドワード8世はその治世下にコインが発行されることのなかった英国史上唯一の国王であると広く認識されていますが、実際には贈答用プルーフコインのセットが5部限定で発行されていたことが記録に残っています。

この門外不出のセットの詳細を知る唯一の手掛かりは、歴史的英国コインのコレクションで知られるタイラント・コレクション所蔵の完全なプルーフ・セットの存在で、これはロイヤルミントが1937年1月に発行した5セットの内の一つに数えられます。

金、銀、銅、洋銀(銅・亜鉛・ニッケルの合金)の4種の金属で制作された全13種のコインを網羅するこのセットは、一般公開されている唯一のエドワード8世のコインセットとして資料的価値を兼ね備えています。

このセット以外の4点のうち、1つは現英国女王エリザベス2世の所有、もう一つはロイヤルミント博物館所蔵、さらに3番目の物はロイヤルミントからの貸与という形式で、現在、大英博物館の所蔵となっていることが知られているに過ぎません。

そして5つ目は長年の間、謎のまま闇に埋もれていましたが、本年3月下旬にアメリカ合衆国ダラスで開催されたパラマウント・コレクション・オークションにて出品された5ポンド・ソブリン金貨こそ、その幻のコインに該当するということが明らかとなり、世の関心を集めました。

約2億5千万円の伝説のコインが再び出品

この神秘のコインは同オークションに単独で出品され、英国貨幣史上最高落札値228万ドル(約2億5千万円)で落札され、コイン業界最大の話題を呼んだことが記憶に新しく残っています。

この尋常ならざる結果は決してその稀少価値のみから生み出されたものではなく、世界最高のコイン鑑定機関であるNGC社によるプルーフ・グレード67・ウルトラカメオ(特別表面研磨仕様)という最高鑑定が加味されてのことであったことは言うまでもありません。

そしてどういう経緯からか、同オークションの目玉商品であったこの貨幣学上の奇跡が、この度のモンテカルロでのオークションに再び出品され、当然のことながら最重要出品物として再び脚光を浴びる運命となりました。

現時点での推定落札額175万ユーロの数字はすでに公表済みですが、3月に開催されたパラマウント・オークションが打ち出した史上最高落札値を大幅に更新することが予想されています。

エドワード8世自身も生前手にすることが叶わなかったと言われている至高のエドワード8世5ポンド・ソブリン金貨ですが、今回、幸運にもこの傑作の地上への降臨を再び目の当たりにすることが叶います。

その瞬間は刻一刻と迫っていますが、オークション当日に全ての参加者は、改めてこの一枚を巡って歓喜と絶望を多分に分かち合うことになりそうです。

MDCオークション 注目コインラインナップ

Lot.1028 ウィリアム&メアリ5ギニー金貨MS64PL(25万ユーロ~)

MDCオークション

引用:MDCオークション

Lot.1029 ウィリアム3世5ギニー金貨MS64(20万ユーロ~)

MDCオークション

引用:MDCオークション

Lot1030 ジョージ1世5ギニー金貨MS63(15万ユーロ~)

MDCオークション

引用:MDCオークション

Lot1031 ジョージ2世5ギニー金貨PF64+CA(50万ユーロ~)

MDCオークション

引用:MDCオークション

Lot1032 ジョージ3世5ポンド金貨PF64UC(40万ユーロ~)

MDCオークション

引用:MDCオークション

Lot1038 ジョージ4世5ポンド金貨PF63UC(8万ユーロ~)

MDCオークション

引用:MDCオークション

業界最安値で入札代行 承り中

弊社では、10月20日・21日のMDCオークション開催にあたり、入札代行を承っております。

手数料は業界最安値の3%、これまで多くのお客様にご利用いただいております。

以下のページにて詳細をご案内しておりますので、落札をご検討中の方はぜひご活用くださいませ。

MDCオークション

※リンク先にて「手数料3%から受付中」との表記がございますが、今回のMDCオークションでは手数料一律3%にて承っております。