icon会員登録 icon資料請求 iconお問合せ iconカート

検索:

cart お問い合わせ 資料請求 新規会員登録 tel

ホーム  > ブログ  > イギリス王室に伝わる王冠の秘密とは?-コインの肖像画との繋がりも解説- | COIN PALACE

BLOG

コインパレスのコインコンシェルジュブログ

2021.07.17スタッフブログ

イギリス王室に伝わる王冠の秘密とは?-コインの肖像画との繋がりも解説-

Pocket

ダイアナ

ご挨拶

皆様こんにちは。

イギリスコイン専門店、コインパレスでございます。

豪華なジュエリーやファッションで世界中から注目される、イギリス王室。

特に王冠は、一つ一つに意味や歴史的エピソードがあり、王室ファンにはたまらないことでしょう。

そこで本日は、イギリス王室に古くから伝わる王冠の数々をご紹介いたします。

有名な国王の意外なエピソードや、豪華絢爛な宝石の美しさに心を奪われること間違いなし。

それぞれの王冠を描いたコインについての解説もございますので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

イギリス王室に伝わる王冠とは?

英国君主の至高の王権の象徴として存在する有数の王冠。

王室1000年の栄華を今の世に伝えるそれらの貴重な宝飾品は、英国王室と英国民のみならず、広く万有の至宝として歴史上に燦然と輝いています。

国宝級の名品を含むそれらの王冠は、英国史の名場面を色彩感豊かに彩り、英国の国家としての権威を誇示し続けています。

歴代英国王と女王は王冠と共に、儀式で使用される祭具類を過去600年以上にわたってロンドン塔に保管してきました。

そんな価値ある王冠の中でも、特に有名な以下の7つを今回のコラムでご紹介いたします。

  • インペリアル・ステート・クラウン
  • ジョージ4世・ステート・ダイアデム
  • ガールズ・オブ・グレート・ブリテン・アンド・アイルランド
  • スモール・ダイヤモンド・クラウン
  • インペリアル・クラウン・オブ・インディア
  • クイーン・マザーズ・クラウン
  • ソブリンズ・セプター/ソブリンズ・オーブ

大英帝国の王冠

~インペリアル・ステート・クラウン~

インペリアルステートクラウン

引用:Royal Family 公式Twitter

英国王の戴冠式で用いられる王室祭具類の頂点を極める大英帝国王冠。

317カラットの伝説的ダイアモンド「カリナンII」をはじめ、3000以上の貴重な宝石で装飾された世紀の至宝として認知されています。

大英帝国の象徴として歴史上に君臨するヴィクトリア女王や、その後継者エドワード7世の戴冠式で用いられたことでも有名です。

現在では、エリザベス2世が英国議会の開会式に臨席する際に着用される王冠としてもよく知られています。

■関連するコイン

戴冠記念60周年

「インペリアル・ステート・クラウン」を描いたコインといえば、エリザベス2世の載冠60周年を記念して、2013年に発行されたこちらの金貨。

宝石の輝きからベルベットのしわまで、美しく彫刻されています。

王冠マニアにはたまらない一枚と言えるでしょう。

■商品名:2013 エリザベス2世 載冠60周年記念 5ポンド金貨 PCGS PR70DC

>>詳しく見る

ダイヤモンドの冠

~ジョージ4世・ステート・ダイアデム~

ジョージ4世ステートダイアデム

引用:BCC

1820年にジョージ4世の戴冠式のために制作されたこの英国王室屈指の名品は、王の崩御後、歴代女王と王妃によって受け継がれてきた大変由緒ある宝飾品です。

現英国女王エリザベス2世が国会の開会式の際に頻繁に着用されるため、メディアで目にする機会の最も多い宝冠です。

1960年代に郵便切手の図案として採用された女王の「第2肖像」や、コインのデザインとしての「第5肖像」でも取り挙げられた英国の象徴でもあります。

■関連するコイン

女王生誕95周年記念

「ステート・ダイアデム」をモチーフとしたコインの代表格が、2021年にエリザベス女王の生誕95周年を記念して発行されたこちらの金貨。

エリザベス女王の肖像画に描かれているのが、ジョージ4世の戴冠式のために作られて以降、現代まで受け継がれている王冠です。

節目の年をお祝いするのにふさわしい、堂々たるデザインが印象的です。

■商品名:2021 エリザベス2世 女王生誕95周年記念 200ポンド2オンス金貨 アーリーリリース NGC PF70UC 箱付き

>>詳しく見る

メアリー王妃のティアラ

~ガールズ・オブ・グレート・ブリテン・アンド・アイルランド~

ガールズ・オブ・グレート・ブリテン・アンド・アイルランド

引用:ELLE girl

数々の貴重な宝飾品を所有した英国王室内屈指のコレクターであったジョージ5世の妃、メアリー王妃。

この伝説的なティアラは1893年の婚礼の際に王妃が王室から授かり、1947年には孫のエリザベス2世の大婚の記念に祖母である王妃から贈られた英国王室が世界に誇る至宝です。

「大英帝国とアイルランドの少女たち」という実に可愛らしい正式名称を持つこのティアラは、その名とは対照的なほど、威厳に満ちた古典美を漂わせています。

■関連するコイン

皇太后追悼記念

ガールズ・オブ・グレート・ブリテン・アンド・アイルランドといえば、2002年の皇太后追悼記念コイン。

エリザベス女王の肖像画に描かれているのが、該当するティアラです。

手のひらにのせてよく見てみると、一粒一粒の宝石まで細かく表現されていることが分かります。

■商品名:2002 皇太后追悼記念 5ポンド金貨 PCGS PR70DC 2,086枚発行

>>詳しく見る

ヴィクトリア女王の小さな王冠

~スモール・ダイヤモンド・クラウン~

スモール・ダイヤモンド・クラウン

引用:BCC

大英帝国女王ヴィクトリアの求めに応じて1870年に制作されたこの小型のクラウンは、最愛の夫アルバート王配亡き後、喪服に合わせてデザインされたものです。

ヴィクトリア女王がそれまでに所有していた宝冠はいずれも大型で、小柄な女王の体形には似合わず、服喪用のベールの上に直接着用できることから重用されました。

その用途から色彩豊かな宝石の使用は避けられ、ダイアモンドのみで装飾された特徴的な美しさを誇る傑作です。

■関連するコイン

ジュビリーヘッド

ヴィクトリア女王の統治下、大英帝国時代真っ只中の1887年に発行されたのが「ジュビリーヘッド 5ポンド金貨」です。

よく見てみると、ヴィクトリア女王の肖像画に「スモール・ダイヤモンド・クラウン」のデザインが。

クラウンの宝石や、身に着けているレースまで細かく彫られており、100年以上前に作られたとは思えないほど美しいコインです。

■商品名:1887 ヴィクトリア女王 ジュビリーヘッド 5ポンド金貨 PCGS PR64DC

>>詳しく見る

インド帝国の王冠

~インペリアル・クラウン・オブ・インディア~

インペリアル・クラウン・オブ・インディア

引用:CNN

ロンドンの著名な宝石商ガラードによって製作されたインド帝国王冠は、1911年に行われたジョージ5世のインド皇帝即位式の際に用いられた歴史的な名品です。

6千個以上のダイヤモンドその他の宝石が散りばめられたその偉容は圧巻で、大英帝国華やかなりし日の遺品として現代の英国王室に脈々と受け継がれています。

インドから持ち帰られた後はロンドン塔のジュエルハウスに保管されており、世界中から訪れる観光客を魅了しています。

エリザベス王妃冠

~クイーン・マザーズ・クラウン~

クイーン・マザーズ・クラウン

引用:independent

エリザベス王太后の宝冠として知られるこの宝飾品は、1937年のジョージ6世の戴冠式にエリザベス王妃が出席する際に新たに制作されたものです。

圧巻は中央に設えられた伝説の「コヒヌール・ダイアモンド」で、その起源は14世紀にさかのぼり、 海外貿易によって隆盛を極めた東インド会社によって1850年に英国女王ヴィクトリアに献上された極め付きです。

史上最も名高いダイアモンドの輝きはこの宝冠の荘重な美しさを際立たせています。

■関連するコイン

ジュビリーヘッド

クイーン・マザーズ・クラウンといえば、1937年にジョージ6世の戴冠式を記念して発行されたこちらのメダル。

美しいクラウンを身に着けた若き日のエリザベス女王と、凛々しい表情のジョージ6世の肖像画が特徴的です。

■商品名:1937年 ジョージ6世 戴冠記念金メダル NGC PF60

>>詳しく見る

十字架の王笏・国王の宝珠

~ソブリンズ・セプター/ソブリンズ・オーブ~

ソブリンズ・セプター/ソブリンズ・オーブ

引用:Historic Royal Palaces

英国王の戴冠式で使用される王室祭具である宝珠と王笏は、英国王位の権威と歴史的重要性を十全にアピールする役割を担っています。

現在の宝珠は王政復古を成就したチャールズ2世の1661年の戴冠式のために制作されました。

戴冠式において象徴的な意味を持つ王笏には285個の宝石が嵌め込まれています。

中でも上部に取り付けられている530カラットの「カリナンI」ダイアモンドは、世界最大のダイアモンドとしての光彩を放っています。

■関連するコイン

ジュビリーヘッド

1953年の6月2日に戴冠したエリザベス女王。

2013年にその60周年を記念して発行されたのが「戴冠60周年記念 500ポンド1キロ銀貨」です。

コインに刻まれているのは、戴冠式の「三種の神器」である、聖エドワードの王冠・十字架の王笏・国王の宝珠。

権力の象徴であるこれらの宝物を惜しげもなく描いたこのコインは、歴史的にも著しく長い在位期間を誇るエリザベス女王にふさわしいデザインと言えるでしょう。

■商品名:2013 エリザベス2世 戴冠60周年記念 500ポンド1キロ銀貨 ファースト150ストラック NGC PF70UC

>>詳しく見る

様々なクラウンを一枚に描いた豪華なコイン

2015年 エリザベス2世 最長在位 10ポンド金貨 NGC PF70UC

ソブリンズ・セプター/ソブリンズ・オーブ

2015年にヴィクトリア女王の記録を超越し、史上最長在位を成就したエリザベス2世。

この喜ばしい瞬間を過去に発表された女王の5種類のポートレートを一枚のコイン上に描くことで表現するとは、何と気の利いたアイデアでしょうか。

第1肖像には月桂樹、第2と第4肖像には華麗なる「メアリー王妃のティアラ」、そして第3と第5肖像には豪華絢爛たる「ステート・ダイアデム」が描かれており、女王の気高き肖像に華を添えています。

■商品名:2015年 エリザベス2世 最長在位 10ポンド金貨 NGC PF70UC

>>詳しく見る

まとめ:イギリス王室の王冠はコインの肖像画と繋がりがある

イギリス王室に伝わる王冠の種類と、それぞれを描いたコインを紹介しました。

イギリス王室に伝わる王冠には、主に以下の7種類があります。

  • インペリアル・ステート・クラウン
  • ジョージ4世・ステート・ダイアデム
  • ガールズ・オブ・グレート・ブリテン・アンド・アイルランド
  • スモール・ダイヤモンド・クラウン
  • インペリアル・クラウン・オブ・インディア
  • クイーン・マザーズ・クラウン
  • ソブリンズ・セプター/ソブリンズ・オーブ

また、複数の王冠とエリザエス女王の肖像画が集結したコイン、「2015年 エリザベス2世 最長在位 10ポンド金貨 NGC PF70UC」は、圧巻のデザインです。

弊社コインパレスでは、歴史的な価値のある、美しいコインを多数ご用意しております。気になるコインがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。