icon会員登録 icon資料請求 iconお問合せ iconカート

検索:

cart お問い合わせ 資料請求 新規会員登録 tel

ホーム  > ブログ  >  収集の手引き【第3章】~第2項~「モダンコイン選びのポイント」

BLOG

コインパレスのコインコンシェルジュブログ

2020.10.05収集の手引き

収集の手引き【第3章】~第2項~「モダンコイン選びのポイント」

Pocket

 

「モダンコイン選びのポイント」

 

モダンコインは大きく分けて記念硬貨のような収集型金貨と、投資用に発行されている地金型金貨に大別できます。アンティークコインも収集型金貨に含まれます。

地金型金貨の代表格が、カナダのメープルリーフというコイン。カナダ王室造幣局が発行しており、投資用金貨としては世界一の流通量を誇ると言われています。

収集型コインとこうした地金型コインの違いは、そのプレミアの付き方にあります。地金型コインは、金地金と同じようにその日の金価格によって、価格が変動します。金は人気が高い実物資産であるとは言うものの、
その価格の上下はやはり世界情勢や経済動向に大きく左右されてきます。

地金型コインをリードするのがカナダのメープルリーフコインなら、収集型コインの代表格が、1989年から毎年発行されているエリザベス女王のイギリスコイン。エリザベス女王の人気と、
その優れたデザインから収集型コインの人気に火が付き、今やホットな投資先となっています。

収集型コインは、限られた枚数のみ発行され、基本的に発行された日から、枚数が増えることはありません。人気の分だけプレミア価格がついてきます。もちろんコインの人気の有無によってプレミアの付き方も様々ではありますが、
イギリスの故ダイアナ妃のコインのように、1年で2倍、3倍もの値上がりをした例もあります。このコインの人気というプレミアこそが、収集がコインの醍醐味です。

 

さて、モダンコインを選ぶ際のポイントは二つです。

・鑑定ランクのいいコインを選ぶ。

・値上がりしそうなデザインの優れたものを選ぶ。

 

このうち鑑定ランク上位のコインについては、PCGS社とNGC社の鑑定を経たものであれば、きちんと数値化されていますから、さほど迷う必要はありません。最高ランクである70鑑定に近いものを選べば安心です。
モダンコインの場合は、値段が安いからといって鑑定ランクの低いものを選んでしまうと、アンティークコイン以上に、価格に開きが出てしまいます。それというのも、アンティークコインと異なりモダンコインは収集を目的として
作られているため、高い鑑定の品が手に入りやすいからです。

さて、もう一つのポイントである値上がりしそうなデザインの優れたものについては、新しいデザインが次から次へと出てきます。ですから、これまで値上がりしたコインの傾向をお伝えしようと思います。

エリザベス女王のコインの中で、人気が高いのは、ヤングエリザベスと呼ばれるエリザベス女王の若かりし頃の肖像を描いたコインです。これに次ぐ人気なのが、先ほども紹介したダイアナ妃のコイン。

 

ちなみにアンティークコインでも、もっとも美しいと人気のコインは、「ウナ&ライオン」でやはりうら若き乙女がモチーフとなっています。つまり、若い女性が描かれたコインは人気です。少し考えてみたら、これは当然のことかもしれません。
というのも、世のコインコレクターのほとんどが男性です。となれば、若い女性のコインが人気となるのも当然の理と言えるかもしれませんね。

とはいえ、最近は女性コレクターの方も増えています。そして、女性のお客様は、アンティークコインよりモダンコインを好まれる方が多いようです。ゴールドのジュエリーなど、美しい金の輝きを見にまとう女性は、
誰の手にも触れていないモダンコインのまっさらな美しさを好まれるのかもしれません。

デザインの話題に戻りましょう。神話をモチーフとしたコインや、王冠が描かれたコインなども人気です。こうしたモチーフが、イギリス王家ならではのノーブルさを感じさせるからでしょうか。

ここ数年に限ってみますと、ウィリアム王子ご夫妻のジョージ王子やシャーロット王女の生誕記念や洗礼記念のコインも人気があります。コインとしては、文字を中心としたシンプルなデザインなのですが、
これはご本人たちの人気によるものでしょう。誕生時はもちろん、幼稚園や小学校の入学など、機会あるごとにお子様たちの姿がテレビ等のメディアで取り上げられており、
そうしたことがコインの人気にも影響しているとみて間違いありません。

しかし人気のあるコインというのは、入手が困難な場合も少なくありません。ぜひ懇意にできるコイン専門店を持たれることをおすすめします。
運がよければ、発行予定の話題の品や、発行されたばかりの目玉コインをおすすめしてもらえるかもしれません。右肩上がりに値上がりしていくモダンコインは、発行された直後が一番値段が安いのは言うまでもありません。

 

【コインコンシェルジュのつぶやき】

時々お客様から「新品のコインを買えば最高ランクの鑑定がついていますよね?」というご質問があります。じつはそうとは言い切れないのです。コインの場合、新品でも70や69といった高い鑑定がつくものは、全体のうちなんと2割ほどしかありません。

その理由として、コインというものは、完全に密閉されたクリーンルームのような場所では作られていないからです。薬や食品などは、わずかなホコリや菌も通さないような清潔な空間で作られておりますが、コインは違います。工業製品的な位置づけで作られているために、新品であっても目には見えないレベルの傷がついていたりするのです。

鑑定機関はそうした傷も見逃すことなくチェックしますから、新品であっても最高ランクの70鑑定がつくことはめったにありません。ですから、新品だからといって鑑定無しのコインを買ってしまうと、のちのち後悔することも。この情報はご存知ない方が多いだけに、購入の際に、注意していただきたい点なのです。