icon会員登録 icon資料請求 iconお問合せ iconカート

検索:

cart お問い合わせ 資料請求 新規会員登録 tel

ホーム  > ブログ  >  「資産としてのコイン」

BLOG

コインパレスのコインコンシェルジュブログ

2020.06.17スタッフブログ

「資産としてのコイン」

Pocket

 出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%82%B5

 

ご挨拶

皆さまこんにちは!

コインパレスの塚本でございます。

いつもコインパレスメールマガジンをご覧頂き、誠に有難うございます。

 

近畿地方が梅雨入りし、気温が少し下がり過ごし易くなりました。

通りの草花が一段と生命力を増しているように感じます。

神戸市内の一部世帯では、特別給付金の振込が始まっているようです。

梅雨の雨の様に経済に活力を与えてくれることを期待致します。

【持続化給付金の支給事業について説明する安倍首相】出典:https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202006140000808.html

世帯向けの特別給付金とは別に企業向けに行われた「持続化給付金」をめぐり話題になっている、事業委託に伴う「消えた税金」中抜き問題。皆さまはどの様にお考えでしょうか。

 

 

レバノン債務危機

【レバノン・デモ激化】出典:https://www.cnn.co.jp/world/35155229.html

既得権益で言えば、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が記憶に新しいと存じます。

ゴーン被告が潜伏しているとされるレバノンが債務危機に見舞われている事をご存知でしょうか。

 

昨年10月時点の自国通貨と米ドルのレートが約70%暴落しているのです。

様々な要因が重なっていますが、大きな要因の一つとして挙げられたのが政治腐敗です。

国民は反発し反政府デモが過激化、治安の悪化も心配されています。

追い打ちを掛けたのは、外貨を購入し少しでも手元の生活費を確保したい国民に対し、

レバノン中央銀行は資本逃避策として外貨の購入制限など

「持たざる者から、奪う」

に等しい対策に奔走した事で、混迷を極めています。

 

 

明日は我が身

【債務残高の国際比較】出典:https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/a02.htm

この様な暗いニュースは、決して他人事ではないと感じます。

実際に財務省の公式ページに掲載されている日本の債務残高は先進国では群を抜いているからです。

 

1946年2月16日、当時の政府が新円切替と旧札の使用期限が3月3日までと発表(wikipedia参照)。

翌日、17日には預金封鎖が行われ、「現預金、債券、不動産などの国が把握できる限り」に『財産税』を課しました。

「敗戦で抱えた日本政府の債務返済」の大義名分のもと政策として実行されたのです。

私たち世代は実体験がないので、あまりピンときませんが、

当店をご利用頂いているお客様のご両親世代のお話として「お金を銀行から引き出すことが出来ず、数字としての預金はあるものの段々に目減りし買うに買えず、食べ物にも生活にも大変な苦労をされた」体験をお聞かせ頂いた事がございます。

戦争や地震などの自然災害の経験を後世に繋げるように、政治災害も語り継ぐ必要があるのではないでしょうか。

 

 

催しのご案内

最後に、明日6月18日(木)から開催の「英国王室誕生祭」のご案内を申し上げます。

 

英国王室誕生祭 第八章 ウィリアム王子 編

【期  間】2020年6月18日(木)~6月24日(水)までの7日間

【対象商品】ウィリアム王子にまつわるコイン

【特  典】対象商品をお買い上げで3%ポイント付与