icon会員登録 icon資料請求 iconお問合せ iconカート

検索:

cart お問い合わせ 資料請求 新規会員登録 tel

ホーム  > ブログ  >  【Vol.40グローバルマクロニュース】世界に伝染する混乱

BLOG

コインパレスのコインコンシェルジュブログ

2019.09.01アンティークコイン

【Vol.40グローバルマクロニュース】世界に伝染する混乱

Pocket

世界に伝染する混乱

2016年11月、米国大統領選の結果を世界は驚きを持って受け止めました。無茶苦茶な発言から当選不可能と思われていたトランプ氏が大統領に選ばれたのです。

選挙後の勝利演説においては一旦トーンダウンしたものの、その後はメキシコ国境の壁建設、エルサレムの首都化発言、米中貿易戦争など、世界を混乱させています。

支離滅裂に見えるトランプ大統領の発言ですが、それぞれを辿れば1つの重要なイベントに結びつきます。

それが、「2020年米大統領選」です。トランプ大統領は全力で再選を目指しています。例えばメキシコの壁建設は、メキシコ国境のテキサスをはじめとする地域の支持を固めるためだと考えられます。

(C)ロイター/Carlos Barria

また、エルサレムの首都化は共和党の保守層である福音派の票を獲得するためでしょう。

トランプ大統領の対抗馬は民主党のバイデン氏です。オバマ政権下では副大統領を務め、議会演説ではいつも議長席に座り、オバマ大統領を優しく見守っている姿が印象的でした。

そしてオバマ大統領もバイデン氏に米国民最高の栄誉とされる、大統領自由勲章を2017年1月に授与しました。

授与は事前にはバイデン氏に事前に知らされておらず、サプライズとして行われました。

受賞したバイデン氏は驚き、そして涙をこらえきれませんでした。穏健派で労働組合からの支持も厚いバイデン氏は、無党派層にも支持を広げ、トランプ大統領の強力な対抗馬になりそうです。

無茶苦茶かつ支離滅裂なことばかり発言するトランプ大統領。ですが、同氏の支持率は40%台と歴代大統領に見劣りするものの、就任以来では高い支持率となっています。

全てが選挙目的であると考えた場合、トランプ大統領の再選への意欲は相当なものだと窺い知ることができます。

もし、混乱が支持率にとってポジティブだと判断したのであれば、今後も世界中に混乱をまき散らすと思われます。

そして、そうした混乱は世界へと伝染しています。まずはフィリピンです。

同国の大統領では強硬派とされたロドリゴ氏は過激発言で知られており、「フィリピンのトランプ」との異名を取っています。そしてイギリスの強硬離脱派のジョンソン氏が英国首相に選ばれました。

また、米国内やオーストラリアをはじめとするオセアニア地域では移民反対派の過激派による銃乱射事件が多発しています。このように世界にポピュリズムと混乱が広がっています。

また、日本と地理的に近い香港では反中国、反逃亡犯条例改正のデモが連日行われています。

この条例は、中国本土への犯罪容疑者の引き渡しを認めるものです。加えて、中国の香港への過干渉がデモの引き金になっているようです。

香港国内で発行される書籍は中国政府により検閲され、香港政府の行政長官は中国政府の圧力を受けています。現在進行形のデモは香港の自治が脅かされていることに対する国民の怒りなのです。

また、真偽は別として、香港のデモは中国への対抗策として、米国が仕掛けているという話も聞かれます。

貿易戦争の新たなカードとして、トランプ大統領が香港での対中国デモを行わせているというものです。

米国も貿易戦争で打てる手がなくなってきたことを考えれば、交渉のカードとして香港のデモを保有するのは賢明に思われます。

ですが、これは危険な賭けです。現在、深センと香港の境界に中国が大量の軍を配備しています。

中国としては香港のデモは鎮圧したいですし、反中意識はSNSなどで台湾へも飛び火しつつあります。

まるでアラブの春のように。中国にとってはグラウンドゼロとなった香港を鎮圧することが、最大のアピールとなるのです。一触即発の事態となれば、第二の天安門事件も起こり得ます。

世界は以前に増して、混沌としています。トランプ大統領は世界中に混乱をばら撒いています。

それは米中の貿易戦争であり、米中覇権争いであり、そして第二の天安門事件の火種であったりします。

景気後退が叫ばれるなか、様々な混乱が景気を下押ししています。ですが、同氏の選挙キャンペーンと施策、支持率からして、恐らく再選されると考えます。

であるとするならば、今後も混乱による景気下押し圧力は継続すると考えられます。

そしてまた、世界に広がる混乱は金価格を1トロイオンス1,500ドルの高値にまで押し上げています。

トランプ大統領の再選により、世界はさらに混沌としたものとなりそうです。

そうした時にはアンティークコインや金などの実物資産に資金が流入し、価格が上昇する傾向にあります。今後も実物資産は安定した価格推移を辿るでしょう。