【グローバルマクロ ニュース Vol.18】株式投資家が羨むアンティークコイン投資の輝き

Pocket

 

株式投資が主流となっている昨今ですが、本記事では「株式投資にはないアンティークコイン投資の魅力」をお伝えします。

そうした魅力は株式投資家にとても羨ましく映るはずです。

“努力の量”と“安心感”という2つの側面から両者の違いについて述べさせていただきます。

 

株式投資で成功するには莫大な努力が必要となります。

投資の世界で一人前になるまでには最低でも10年はかかると言われています。

というのも、一般的な景気サイクルは10年単位であり、10年の月日を経れば一通りの事を経験できるからです。

ですが、長い金融の歴史の中で10年というのは、ほんの一瞬に過ぎません。

例え10年におよぶ経験を積んでも、いつ起こるか分からない、ブラックマンデーのような突発的な金融イベントに対処することは困難なのです。

そうした背景から、投資で一人前になるには”一生を捧げる覚悟”が必要だということができます。

例えそれだけの月日を注ぎ込んでも、株式投資で勝てるのは全体の10%に満たず、満足のいくリターンを出せている投資家は全体の1%に満たないという統計も存在しています。

 

一方で、アンティークコイン投資においては、そうした労力は必要ありません。

というのも、コインの価格は長年に渡り安定した上昇傾向を見せており、その理由も明確だからです。

市場に出回っているアンティークコインの枚数は限られており、投資目的で買われることが多く、コインに対して愛着が沸くため、一度買われると再度売りに出されることが少ないのです。

結果として、流通量はどんどん減少し、価格は安定して上昇するのです。

「努力を必要としない」というと聞こえは悪いですが、株式投資につぎ込む労力を他の物事に注ぎ込めばもっと豊かで幸せな人生を送れるはずです。

その一助となるのが、アンティークコイン投資なのです。

 

 

株式投資は不安の毎日です。

どれだけ優れた銘柄を購入しても、マクロ経済の動向や需給により激しい値動きが日々発生するからです。

多くの投資家は価格変動により一喜一憂し、当初抱いた“ファンダメンタルに対する見通し”を維持することができなくなります。

そして、激しい値動きからしばしば感情的になります。

結果として、感情を基にした売買を行うことになるのです。

多くの投資家は自身を「投資家」と名乗っていますが、最終的には「投機家」へと変貌してしまうことが多いのはそのためです。

頻繁な売買を行うと、手数料と売買スプレッドがかさみ、結局は損失を出すことになってしまいます。

そこに残るのは疲労感だけなのです。

 

ですが、アンティークコイン投資では、価格が安定的に上昇する明確な理由が存在するため、感情的になることはありません、そもそも日々の価格を頻繁にチェックする必要さえないのです。

また、実物資産として手元にコインを持っていることが安心感となり、長くコインを持ち続けることができます。

 

株式投資は競争の激しい世界で、労力や時間を消費します。

アンティークコイン投資で幸せな時間を送りつつ、確実に資産を増やす方が人生を豊かなものにしてくれるでしょう。

 

【グローバル マクロアナリスト サク】

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA