フランス人形とアンティークコインの目利き!!

Pocket

900hPa(ヘクトパスカル)瞬間最大風速85m/s

空前の勢いを保持しながら台風13号が北西方面へ進み

今週末の沖縄方面へのお出かけはご注意ください。

暑さに滅法弱いカザミンこと風見鶏です

 

『台風の目』という言葉

台風の中心の場所を差す言葉ですが

 

その”目”という文字

目を使う表現はたくさんありますよね。

 

目は口程に物を言う

一目おく

抜け目がない

 

そして美術品を鑑定する ”目利き”

 

 

『開運!なんでも鑑定団』という番組が21年に渡って放映されています。

関西では、お昼に再放送されているので、ご覧になられる方も多いのではないでしょうか?鑑定団

 

毎回、ゲストや視聴者の依頼品をスタジオで鑑定します。

 

番組の冒頭でその鑑定品についての説明もあり、

そこがこの番組の魅力でもあります。

 

 

その鑑定団の中でアンティークのフランス人形が三体出てきました。

 これまでも番組内でよく登場してきましたが、

偽物か本物であっても高額になるものは、ほとんどありません。

鑑定結果はなんと600万円。

印象に残った方も多いのではないでしょうか?

ピエール・ジュモーの作品だったことで、高価な値がついたようです。

 

『エール・ジュモー』・・・19世紀に活躍した人物。

その作品の完成度は高く、特に愁いを帯びた表情のロングフェイス・ジュモーは今でも高額で取引されています。ジュモー人形

 

フランス人形はよくホラーの題材として使われ、

怖いイメージがありますが

あの、独特の表情・白い肌のせいでしょうか?

 

それでも、目利きの方にとっては

愛おしいものなんだと感じました。

 

日本にも市松人形がありますよね?

こちらもホラーの題材によく使用されていて怖いのですが・・・。

 

市松人形に込められた意味をご存知でしょうか?

 

”子供の代わりに災難を受けてくれる”と言われているようです。

 

”お守り”として持ち続けてこられた、縁起ものとしてのアンティークコインを

お奨めして参ります。

 

コインパレスhttp://coinpalace.jp/

■お奨めコレクション!

イギリス ヴィクトリア 1887 6ペンス 試鋳金貨 PF65UC

イギリス 1826 ジョージ4世 2ポンド 金貨 PR63+DCAM

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA