【グローバルマクロ ニュース Vol.5】アンティークコインにしかない投資妙味

Pocket

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巷では株や仮想通貨が話題となり、景気のいい話が多く聞かれていました。

ですが、仮想通貨は取引所のハッキングにより、その信頼性は失われました。

株式市場もアメリカ発の世界同時株安で、世界の株式指数は10%以上下落しています。

 

いざ投資を始めようとしても、何から手を付ければいいのかわからず悩むものです。

一般的な投資と比較した場合のアンティークコイン投資という選択肢とその魅力についてご紹介します。

 

一般的な投資は、とても手間がかかるものです。

「店頭で勧められた金融商品を買って損をした」という話をよく聞きます。

ですが、利益を出すことができる根拠がなく相手の話に乗せられて商品を買うのでは、

損をするのも止むを得ないと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投資とは、そもそも、とても手間がかかるものです。

株式投資なら上場企業4,000社から選んだ、選りすぐりの企業を調べる必要があります。

仮に指数で運用するパッシブ運用でも、定期的なリバランスや価格変動について考察し、対応する必要があります。

 

そもそも日本の人口は右肩下がりであり、長期的な上昇を見込める商品は少ないのが実情です。

では海外資産はどうかというと、アメリカの高いPERの株式市場やカナダの不動産市場に見られる通り、

バブルの状態です。そして、そのバブルも崩壊しつつあります。

 

また、多くの投資においては競争が厳しいのも実情です。

一般的な統計では、累積で利益を出している投資家は全体の10%で、

残り90%は損失を出しているといわれています。

 

そして、その10%の勝者といえ、1円でもプラスであれば10%にカウントされています。

このことから、実質的に満足のいく利益を積み上げている投資家は全体の1%に満たないといわれています。

 

アンティークコインはそうした厳しい競争とは一線を画す投資です。

そもそも、アンティークコイン投資という投資は認知さえされていません。

その事がアンティークコイン投資が勝ちやすい理由でもあります。

 

競争相手もおらず、これから先に認知度が上がれば、資金流入が見込めるからです。

 

アンティークコイン投資は、いつかは売らなければ下がってしまう株式などの金融資産とは異なり、

持てば持つほど時間が味方してくれる投資です。

なぜなら、一般的な中央銀行を持つような通貨とは異なり、供給量には上限があるからです。

 

そして、時間が経過すれば多くのコインはコレクターにより購入され、

そして一部は紛失されることにより供給量が減少します。

そうなれば、需要が一定である以上は上昇する他ないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンティークコイン投資はこうしたロジックの上に成り立っており、

普遍的な需要と供給をベースとした投資哲学が存在します。

 

株のような急激な値上がりの可能性は低くても、徐々にですが確実な値上がりを見込むことができるのです。

仮に1年で5%の値上がりでも複利の力が働くことで時間が味方となり、

最終的には大きな果実を手にすることができます。

 

頻繁な売買を繰り返さなくても時間が経てば自然に価値が高まるのがアンティークコインです。

折角の毎日をより充実したものにするためにも、少ない労力で大きな成果をもたらしてくれる投資が必要です。

 

多くの人にとって、お金は手段であって目的でなはないですし、ゆっくり確実に、

そして長期的に上昇するアンティークコインは絶好の投資対象になるでしょう。

 

【グローバルマクロアナリスト サク】

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA