1826 ジョージ4世 5ポンド金貨 NGC PF63 Cameo

Pocket

「プルーフは持つ人を選ぶ」ジョージ4世の プルーフ金貨
発行枚数:150枚と僅少な5ポンド金貨は、殆ど市場に出る事が無いため、
目にする事がありません。それも『NGC PF63 Cameo』と
またとない金貨です。『紋章に描かれたライオン、ハープ』の美しさをご覧ください。

 

 

※実物は写真とは異なります。

 

発行数:150枚 重量約:34.94g 品位:0.9170

 

自らの素行の悪さゆえに、王太子時代から父であるジョージ3世を悩ませ続けた王、

それがジョージ4世です。ようやくハノーヴァー朝も3代目となり、

イギリスに根付きはじめたところでもあり、彼が生まれた時には国民の期待も大きく

歓迎ムードでした。祝福の鐘が鳴り響く中、人々は「金のスプーンを口にした王子」と、

その誕生を祝したとされています。しかし、ジョージ4世は、長じてのち

「金づかいの荒い王子」となってしまいました。

 

5ポンド金貨(プルーフ)1826年。

とかく悪い方の評判ばかりが目立つジョージ 4世ですが、

その分コインは狙い目とも言えそうです。発行数が少ないため希少価値が高く、

また状態のいいコインも多く残っています。

この頃から王の肖像の髪が短くなり、ぐっと現代に近づいてきたという印象です。 

ジョージ4世の横顔の立体感や髪の毛の流れまでが美しく描かれています。

コイン裏面の王冠を戴くマントとその内側の紋章のデザインもかなり精巧で、

いつまでも眺めていたくなるような美しさです。

 

 

ジョージ4世の プルーフ金貨
プルーフ金貨ならではの『フロスト』が気品満点です。

表:「GEORGIUS 4 DEI GRATIA 1826」の文字 
裏:王冠とローブ、盾のモチーフ 「BRITANNIARUM REX FID DEF」の文字

 

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA