私が旅をして感じた”コインの魅力”とは?

Pocket

私が旅をして感じた”コインの魅力”とは?

 

弊社のエージェントの1人、Kayoさんから海外渡航記の投稿です

 

「世界の美を探し求めて~ぶらり気ままな女旅」

 

存分に楽しく充実した旅を堪能されているKayoさんの日々をご覧ください

 

 

こんにちは、10回にわたってお伝えしてきた「コイン・コレクターの旅」。

これまでフランス・イタリア・ドイツと旅してきました。

久々のヨーロッパ旅行に胸もはずみ、ちょっといつもより意気込んで観光してしまいました。

 

いつも旅行するときは「あくせく観光しないで、

ゆっくり過ごしてその町に溶け込むように過ごす」ことを目標にしているのですが、

なんともヨーロッパは見るものが美しく、

ついつい見物を頑張ってしまうものです。

ヴァチカン市国

そんな旅行中、私を冷静にしてくれるものがありました。

それは小さい頃から大事にしている熊のキーホルダーです。

いつもは家に置いているのですが、今回は「自分を見失った時のため」にカバンに忍ばせておきました。

 

実際に連日興奮するような美しいものを見物し、美味しいものを食べるなかで、

だんだんと疲れを覚え始めたとき私は熊のキーホルダーを見ました。

すると「スッ」と心が落ち着き、「あまり欲を出さずに、明日ぐらいはゆっくりしよう」と思うことができ、

自分を落ち着かせることができました。

私はこのとき、「そうか」と思いました。

 

なぜ私がアンティークコインに心惹かれるのか、

わかったような気がしました。

 

熊のキーホルダーとコインに何の関係があるんだと読者さまは思われるかもしれませんが

私の場合はこれだったのです。

 

アンティークコインに心惹かれる理由、

それは、「何年も大事にしてきたものは、自分自身を映す鏡だから」です。

 

もう何十年もアンティークコインを持っている人や、親からコインを授かって大事にしている人はこの気持ちがわかると思います。

 

今日はアンティークコインを持つ理由を私的に解説していきます。

 

 

お金という価値だけじゃない、アンティークコイン

よくアンティークコインは「資産として持った方がいい」と言われます。

メディアがここで言う「資産」とは、お金のことです。

 

俗な言い方かもしれませんが、アンティークコインを買って、保有して、後に売ればお金になると言うことです。

そしてメディアはほぼ「お金」という面でのメリットしか言いません。

 

なぜならお金という価値で表すと、アンティークコインの良さが分かりやすく、そしてキャッチーに伝えられるからです。

 

ただ、このサイトは「アンティークコイン専門」のサイトです。

ここでは「お金以外の価値もあるアンティークコイン」という意味でちょっとお話しさせてください。

 

 

「ものや人を大事にする」という価値

現代は大衆消費、大量生産時代です。

これといって思い入れがなくとも、”何となく”買って、試して、古くなったら捨てるということの繰り返し。

最近は特にそのサイクルが早くなっていると感じます。

 

気になったら何でも試せるし、便利な世の中になったのですが

、一方で「物が溢れている」という言い方もできます。

 

物がたくさんあると私たちはどうしても物をぞんざいに扱いがちです。

「これが壊れたらまた新しいのを買えばいいや」と思い、大事に扱うことを忘れてしまいます。

 

確かに車や生活用品は新しい方が性能がいいため合理的なのですが、

何か一つは「とても大事にするもの」が欲しいものです。

 

アンティークコインは骨董品に並んで「長年大事にすることが前提」の品物。

時間をかけて愛でれば愛でるほど、その美しさは輝きを増します。

 

ものを大事にする人は人も大事にする

自分の身の回りのものや人を大事にする人間でありたいものですね。

 

 

「美しさを楽しめる」という価値

現代社会は忙しいです。

特に日本は朝から晩まで働いて、定職についていればまとまった休みが取れるのも数年に、いや数十年に一回などという社会。

こんなに忙しい心だと、たとえ美しいものを見ても、「美しい」という感情が現れなくなってきます。

 

心がマヒするんですね。

 

でも、そんなとき書斎に飾っているアンティークコインを見ると、心が落ち着くはずです。

そして、「ああ、美しいな・・・」と、美しさを感じられる心に戻っていくはずです。

やはり美しいものは美しい。

美しいものは人の心も美しくし、生活に潤いを与えてくれます。

 

 

光り輝くアンティークコインを飾って、鑑賞して、

いつまでも「美しいものを感じられるピュアな心の人」でありたいものですね。

 

 

「賢い人である」という価値

私たちは情報に操作されがちです。

特に今はテレビなどのマスメディアが発信する情報を常識として捉えがちです。

 

しかし情報というのは受け取り方によっては正しくも、間違いにもなります。

言わば諸刃の剣

 

しかし、中長期的未来を予想してアンティークコインを資産として保有するという選択をとった人は、

少なくとも自分で情報を精査して判断できる人であると考えます。

 

 

何か大きな選択に迫られたときや迷ってしまったとき、

ぜひお手持ちのアンティークコインを眺めてください。

 

そうすれば、あなたがコインを買ったときにどういう考えで買ったのか思い出し、

あなたが取るべき選択を教えてくれるはずです。

 

どんなときも「冷静に考え、判断できる大人」でありたいものですね。

 

 

「アンティークコインと人生」まとめ

一口にコインといえど資産的価値から芸術的価値まで、その楽しみ方はさまざまです。

 

人類が古代から、丸くて彫刻された金属に普遍的な価値を与え、

あらゆる取引の中心として今に至るまでコインを使ってきたのは、

コインそのものに人を惹きつける魅力があったからなのでしょう。

あなたはいったい自分のコインにどんな価値を与えますか?

 

是非あなたに合ったアンティークコイン探しのお手伝いをさせてください。

 

 

アンティークコインのコインパレス

contact@coinpalace.jp

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA