フランス・マルセイユの海を見守る聖母マリア〜ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院までの散歩道

Pocket

フランスをとことん堪能する

弊社のエージェントの1人、Kayoさんから海外渡航記の投稿(第二回目)です

存分に楽しく充実した旅を堪能されているKayoさんの日々をご覧ください

 

フランス第二に人口の多い都市、マルセイユは青い海と切り立つ白い崖のコントラストが美しい、南フランスの港湾都市です。

出典:トラベルブックより

 

ここはかつて交易で栄え、豊富な魚介類を始め金銀やその他貴重な品物を運ぶ船を結ぶ主要な都市となっていました。

そんなマルセイユ、「見どころは何か」と聞かれると、やはり最初に思い浮かべるのは「港での魚市」、

ブイヤベースとロゼワイン」、またキリスト系の建物も多くみられます。

昨日はマルセイユの主要駅である「マルセイユ・サンシャルル駅Gare de Marseille Saint-Charles)」から、

キリスト教建築である「ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院」まで歩いていきました。

 

活気ある港を楽しみながら寺院へ歩いていく方法と美しい寺院の内観をお伝えしていきます。

 

フランス・マルセイユの海を見守る聖母マリア〜ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院までの散歩道

 

 

サン・シャルル駅からノートルダム・ド・ラ・ガルドまで

ノートルダム・ド・ラ・ガルドとは

ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院はキリスト教の建築物で、

聖母マリアが丘の上から港を見下ろす姿が今やマルセイユのトレードマークになっている建物です。

ノートルダム・ド・ラ・ガルドまでの行き方

サン・シャルル駅からバスで行くのが通例ですが、

ノートルダム・ド・ラ・ガルドまでの道すがらにはマルセイユらしい風景が見えますので、

足腰に自信がある方には歩いて行くことをお勧めします。

出典:Googlemapsより

起伏はありますが、休み休み行けば、大丈夫!

サン・シャルル駅を出発する

それではマルセイユの中心駅、サン・シャルル駅を出発しましょう!

まずサン・シャルル駅を出て驚くのが、その美しさ。たかが駅、されど駅。

ここで写真撮影するだけでも「フランスに来たわ!」というテンションが上がります。

 

そこからまっすぐ街に向かって歩きます。

街の中心部に来るとだんだんと人が増え、露店マーケットなどが目立ちます。

ここでは新鮮な野菜や、パンやワインが売っています。

フランスの食事はどれも美味しい!荷物に余裕があればここで少し買っておくのも◯。

観光の中心部を横目に

港の方まで歩くと、最も人で賑わう場所があります。そう、ここがマルセイユ観光の中心地

今朝獲れの魚の叩き売り、それを注文して店の子供がさばく姿、

マルセイユの昔からの慣習が観れる場所です。

 

ここまで来るともしかすると、あることに悩まされるかもしれません。

それは、「風」

ここマルセイユは海に近いこともあり、時折風の強い日があるのですが・・・・これが、強い!!

 

これまで20年以上生きてきましたが、こんなに凄まじい風には出会ったことがありません。

日本の台風のときよりも風は強く、転倒する人までいるほど。

周辺の看板などは風に飛ばされないようしっかりくくりつけてあるのですが・・・

十分に注意してください。

またここからは船に乗ってマルセイユの各諸島に渡ることもできます。

時間に余裕がある方はクルーズを楽しんでみてはいかがでしょうか?

丘を登ります

港を過ぎるとあとは内陸部に向かってひたすら歩きます。

途中、スーパーを見物するもよし、香ばしい香りのするパン屋さんでバゲットやクロワッサンとコーヒーを楽しむのもよし、

色々寄り道しながらひたすら丘を登ります。

 

この丘、なかなかのもので、通りすがる人みな「ハァハァ」と息を切らしながら、険しい表情で登ります。

しかし登った先には絶景が広がっています!頑張れ!

途中、3匹の猫ちゃんに会いました。家の前で何か待っているようです。その姿が微笑ましい。

太ももが悲鳴をあげた頃、そこに見えるのは!

そしてひとしきり丘を登ると、急に視界が広がります!

そしてそこに見えるのは!!

青と白とオレンジのコントラストが美しいマルセイユの街!

ただただ美しいの一言です。眼下にはマルセイユの街、

そして後ろにはそれを優しく見守るマリア像の姿が。

ここで頑張った太ももをいたわりながら写真撮影を楽しみましょう!

 

ノートルダム・ド・ラ・ガルドを楽しむ

ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院の中は、

暗く輝く落ち着いた金色をベース色に、壁にはたくさんの絵画が飾られています。

祭壇や天蓋は細かな模様が美しく、ぼーっとみていると時を忘れてしまうかのようです。

幾たびの戦火に巻き込まれながらも難を乗り越えたマルセイユには、マリア像のご加護があったからかもしれません。

 

また、寺院の中は結構広く、中にはお土産やさんやトイレもあります。

そして意外にも目に飛び込んで来たのが、コレ!!

コインの自販機です!しかも3種類!

1コイン2ユーロ(約500円)でノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院のコインが買えます。

みなさんはどれが一番好み?

 

まあ、希少コインではありませんが、コインの自販機が3つも並ぶことからフランスにコインコレクターがいることは確実と伺えます。

私がみた限り、購入している人はいませんでしたが・・・・。

 

場所は1階の正門にありますが、そもそも順路的にここを通ることは少ないので、見落としやすいです。

ぜひ歩き回ってコイン自販機を探してみてください。

 

 

帰りはバスがある

ひとしきり美しい寺院も楽しんだあとは、バスでホテル近くに移動するもよし、

また違う道を歩いて新たな発見をするよもよし、

あなたの体と相談して帰路に向かいましょう。

 

先ほど、魚市が開かれるマルセイユ観光の中心地で紹介した場所にはたくさんのプロバンス料理屋が軒を連ねるので、

そこで優しい味わいの魚介料理とロゼワインを楽しむことをお勧めします!

出典:Restaurant Vieux-Portより

 

アンティークコインのコインパレス

http://coinpalace.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA